スタッフブログ

なぜ緑の成長に?
危機は、多くの国々に異なる種類の経済成長が必要であると確信させた。その反応として、多くの政府が緑の回復を狙って基準を設定している。刷新と共に緑化を進めることは、たとえば再生できるエネルギーや、効率よくエネルギーや物質利用するように投資をすることを通じて、経済成長にとって長期的な駆動体になり得る。

大臣たちが2009年の6月にOECD大臣の協議会会議(OECD Ministerial Council Meeting)で一同に会した時、彼らは緑化と経済成長は共に進めることができると認識し、緑を成長させる宣言を適用し、OECDに緑の成長の方策を開発するよう要請した。

経済と環境ポリシーを一緒に分析することにより、またエコ刷新を刺激する方法を見ることにより、そして仕事や技術、投資、課税、商業と開発のようにより緑の多い経済への移行に関するその他の鍵となる問題に取り組むことによって、OECDは、経済成長と両立する、よりきれいな低炭素経済にする方法を提示することができる。OECDはたとえば、
・ 緑に関する仕事と社会的な面
・ 緑税と規定力をもつアプローチ
・ 産業の再編成と再生
・ 財政強化
・ 緑のテクノロジー
・ 緑の指針
・ 専門家による評価
・ OECDの国々と新興経済との協力
・ 利害関係者の関与
に焦点をあてた緑の成長「ポリシー工具セット」を開発することによって、これらの問題に取り組んでいる。

原文はこちら

Translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 10:41 PM |

HOMEページ上部へ