世界の緑化

植林イニシアチブは土地の利用法を変えることが必要となります。特に、農家は新しい木々を植える土地を指定しなければならなくなります。森林グラントで補う一方、気候アクションリポートは「森林のための農業コミュニティのなかの熱意の不足を認める」とザ・タイムズは記しています。

信じられるかどうかは分かりませんが、単に農家が熱意がないことを表現するだけでなく、保全非営利も同様のことを言っているのです。アイルランドワイルドライフトラスト(IWT)は、地元のものではないベイトウヒの巨大な新たな牧草地を問題に取り上げ、場違いなコニファーの森林は在来生物のための正しい生息材料を提供することはないと議論しています。同様に、大量に植えられた非在来生物は通常そんなによくはないのです。

IWTキャンペーンの役員であるPádraic Fogartyはジ・アイリッシュインディペンデント紙に「人々は植樹は得意ではなく、木も植えられるのが好きではないようです。木は自分で植えることを好みます。」と語っています。

Fogartyは、より良いアプローチは農家に新しい木を植えないように金を払い、しかし実際何も植えないことで、土地が再び野生にならせると提案しています。

「私達は、自然にさせることを心理的に止めています。自然によって復活した空間を見て、やぶで無駄な土地だから「管理されている」状態に戻したいと思うでしょう。私達がそのままにしておけば、森林は自分でもとに戻るのに。」と彼は言います。

率直に言って、彼は素晴らしいポイントをついています。自然はいつも最善なことを知っています。しかし人間がこの母船を料理している割合を考えると、疑問に思うのは、私達は自然に対して自分のペースで豊かにやることを認めているだろうかということなのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
アイルランド、2040年までに4億4000万本の木を植える

メリッサ・ブレヤ―
2019年9月4日


© Tiramisu Studio

気候危機に挑む役割を果たすため、エメラルドアイルは巨大な植樹プロジェクトを引き受けています

何世紀もかけて、アイルランドは初期森林の被覆率が80%から1929年にはたったの1%になりました。痛い。人間が木々に乱暴をしたからです。農業食品開発局によれば、アイルランドはヨーロッパで完全なる森林破壊が起こった唯一の国となっています。

以来、この国の森林被覆率はゆっくり上がってきています。2012年に、国家森林資源(NFI)は、森林のエリアは731,650ヘクタール、土地の10.5%になると推定しました。

アイルランドの森林被覆が過去350年で最も高くなったと推定されても、いまだにヨーロッパの平均である30%以上という数字よりぐっと低くなっています。木々が気候危機をかわす役に立つという重大な役割を果たすことを考えると、木がまばらになった国はどうしたら良いのでしょう?

多くの木を植えることです。それがまさにこの国が計画していることです。ジ・アイリッシュ・タイムズは、この先20年以上毎年2200万本の木を植え、2040年までに総計が4億4000万本になるとレポートしています。

6月に政府は気候アクションプランで、毎年8000ヘクタール植えることを提案していましたが、そこにはどのような木を何本植えるかという詳細が欠けていました。

今、政府は詳細を新たにし、2,500本のコニファーか3,300本の広葉樹を1ヘクタールに植える必要があるとしています。そのゴールは70%のコニファーと30%の広葉樹です。

「新しい植林のターゲットは一年におよそ2200万本の木を植えることです。20年以上続けて、4億4000万本になります。」とコミュニケーション気候アクション環境兆のスポークスマンは話します。

「気候アクションプランは、2021年から2030年の間、そしてそれ以降も土地利用からの炭素削減が行われることを確実にする植林と土壌管理の拡大を行うと約束しています。」と彼女は付け加えました。

最近包括的な研究が発表されました。それは「植林は気候変動削減ストラテジーの最も効果的なものの一つでいまだにある」というもので、それ以来、大量の植樹努力は、特別に注目を集めています。

しかし私達を含め、一兆本の木でも足りず、自分たちの炭素排出をそれでも削減しなければいけないと断言しています。だから、アイルランドの経学も他の方法、つまり道路を走る電気自動車の数を増やすというような方法をとることも考えているのは良いことです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
ロイド・アルター
2019年8月20日


© MVRDV

オランダ人設計士が、あらゆるサイズの植木鉢に様々な植物を入れて品の良い建物を覆う。

建物に植物を植えるようになって数年が経ちました。パトリック・ブランの「生きている壁」をつくるように、エドアルド・フランソワの「緑のファサード」をつくるようにです。彼の最も有名な建物の一つに2004年からのタワーフラワーがあり、それは基本的にバルコニーにおく巨大な植木鉢に植物を植えるというものでした。

そして今、MVRDVのウィニー・マースは、彼の新しいプロジェクト「グリーンビラ」で鉢植えに向かいます。タワーフラワーと異なり、これはすべて異なるサイズで異なる植物になっています。

「MVRDVとヴァン・ボーヴェン建築家によって開発されたこのデザインは、以前建設された建物のマンサード屋根を取り入れて、Adrianusplainの正面道路の様式を引き続き形成するものとなっています。その形のなかで、グリーンビラはその実質性において、その通りにある他の建物と徹底的に異なっています。それは、深さの異なる「置き棚」が、鉢植えの植物、低木や、レンギョウ、ジャスミン、松、カバのような木々をたくさん置けるという点です。

「植物が覆うことで、近くの川や野原や木々の牧歌的な風景にとけこみながら」、近隣の建物とも合っているという面白い混ざりかたです。

グリーンビラの構造は、幅4ベイ(3.6メートル)×高さ3ベイ(2.7メートル)の四角いグリッドを基本としています。MVRDVは、グリッドの中に設置するための、寝室やリビングのような様々な空間用のカタログを作りました。同様のカタログが使われて、3-D樹木園、完璧に植物の名前と情報を記した札をつけた植物および木のコレクションとなってファサードにも植樹されています。


© MVRDV

ステファノ・ボエリのミランでの都会の森林と異なり、この植物は建物の横を庭師がロープで吊り下がって作業をする必要がないでしょう。


© MVRDV

植物の種類は、リビングの機能を背後にファサード中心に考えて選び、配置しました。どれもプライバシーや日陰、見た目が求められていましたがそれを提供するものとなっています。センサーがコントロールする溜めた雨水を使った水やりシステムがプランターに組み込まれているので、1年中緑のファサードが可能となっています。

MVRDVは炭素吸入について壮大な主張を全くしておらず、私にはこの植物をすべて支えるのにどれくらい余分なコンクリートが必要なのかという疑問が浮かびます。この植物が巨大な片持ち梁に吊るされず大小様々な鉢をミックスしたものと考えると、全く余分なコンクリートがないということは疑わしいです。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
カサリン・マーティンコ
2019年8月8日


CC BY 4.0 Wikimedia – Fishbone Deforestation in Rondônia, Brazil, August 5, 2016 In the Amazon rainforest. Fires burn, clearing hectares of rainforest in preparation for farming and grazing.

最新のIPCCレポートは、土地の使い方について緊急のアクションをするよう訴えています。

気候変動と闘うために、私達は化石燃料や交通からの排出量を減らす以上のことをしなければなりません。食料の生産と消費と土地の管理の方法を変えることが重要です。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発表した新しいレポートのなかで、私達が現在土地使用や食糧生産に関して下す決断が、地球温暖化が2℃以下になるかどうかを決定すると科学者は警告しています。一度そのポイントを越えたら、気候の不安定さは確定します。

レポートは、100人以上の科学者が7,000本の論文を分析した結果をまとめたものでした。氷で覆われていない地表の72%が増加する人口を支えるために使用され、その食糧生産、林業、その他人間による土地利用は温室ガス排出の4分の1(23%)近くを占めています。

非営利コンサーベーション・インターナショナルの副所長であるウィル・ターナーの言葉(ファストカンパニーに書かれた)には、

「このレポートは、土地の重要性と緊急性を本当に低く見積もっています。今の世代で土地を守り元に戻すために私達がすることは、私達の子供、この星を共有するものが苦しむのか苦しまないのかに影響します…私達は明日化石燃料からの排出物を止めることができるし、アマゾンが伐採されたりスマトラが燃えたりすれば失敗もします。」

このレポートは、激しい森林伐採を止め、森林、泥炭地、マングローブの森のような炭素の豊富なエコシステムは守られなければならないとしています。植樹や森林を元に戻すことは、私達が今のところできるなかで最も有効なCO2確保の方法で、そのため一番の優先事項になるべきです。アディーレ・ピーターズは、「(木々は)は、テクノロジーの規模をアップするための最初の炭素吸入マシンを作るために行動開始するのを待たなくても、CO2を隔離させることができます。」

泥炭地排水スキームは停止されるべきです。食肉消費は徹底的に減らされなければならない、と同時に菜食主義とビーガンダイエットに転換し、食料の無駄は最小限にされなければなりません。レポートに関するガーディアンの取材から、

「雑穀類、豆類、野菜、ナッツ、種を基本とするような健康と持続可能なダイエットという消費が、温室ガス排出を減らす主な機会であることを表しています。」

土地利用についても再評価されるべきであり、女性の農家により多くのサポートをし、マーケットへのアクセスを改善し、農業のサービスへのアクセスを拡大し、土地保有補償を強化する必要があります。レポートは、農家はすでに生産量の低下、干ばつの悪化、熱波、洪水から気候変動の影響を感じており、これらによって食べ物の栄養量の減少、生産量の縮小、値段の高騰が起こるとしています。

今すぐ行動を起こさなければなりません。消費者が食肉の摂取を制限するといった家での変更をするうち、それが害のある伐採に関わらない生産者から生産物を仕入れるビジネスに及び、よりよいことをすることを要求することになります。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
キャサリン・マーティンコ
2019年8月6日


CC BY-NC-SA 2.0 dickinsonstateu

特に新しく植えられた木は、できうる限りの助けが必要です。

市やコミュニティが植樹を遂行するとき、通常、木が確実に生き延びるのに必要なアフターケアは考慮に入れられていません。新しい木はたくさんの水を必要としますが、降雨では十分に得られないことがしばしばあります。焼け付くような暑さの夏の気温は、状況を悪くするだけです。

そこで、居住者が参加する番です。新しく植えられた木々や、すでに植えられ、暑さに苦しんでいるであろう木々に水をやる手伝いをするのです。ロンドンの樹木医は市民に、再利用可能な家庭排水を使って、自分たちの道に日陰をつくる木々を助けるよう参加を呼びかけています。ガーディアンの記事には:

「新しい街路樹は、4月から9月の間、特に暑い時期一週間に少なくとも20リットル-じょうろでおよそ2杯分−を必要としています。水道でも、皿を洗った水、風呂の水、洗車、窓洗い、洗濯水のような生活排水でも良いのです。ただし、漂白剤が入っていないものに限ります。」

この記事が説明しているように、都会の木はストレスの多い環境でレジリエンスのある種類が選ばれていますが、「新しい木がケーブルやパイプ、舗装された道路の下の圧縮された土の間を縫って、自分の水源を見つけて根が張れるようになるまで何年もかかるのです。」それまで、少しの助けが長い道を行く助けになるのです。

都会に住む人々が彼らの新しい木を助けるために結集するという考えに感銘を受け、私はいくつかの市のウェブサイトから、効果的にするためにどのようにすればいいかという提案リストに出会いました。1982年に戻ると、ニューヨーク・タイムズは人々に、一週間に二度15分間水をやり、数週間に1回移植ゴテで土の表面の2−3インチを柔らかくすることで確実に吸水させることを提唱しています。サンタモニカ市は、水の取り合いになるので木の根元の周りの芝(草)を取り除き、敷き藁を敷くように推奨しています。

より長い期間の回数の少ない水やりが、短期間で頻繁な水やりより好ましいと言うものが数多くあり、そうすることで2フィート分の水が染み込みます。これは、大きなゴミ箱の底に穴をあけ、15-20ガロンの水を入れてできます。木の根元にそれを置きっぱなしにすると、水がちょろちょろと流れます。または、コーヒーの缶を木の近くに置き、スプリンクラーを回し、その缶に2インチ水が溜まったらスプリンクラーを止めます。デイヴィー・ツリーは、新しく植えられた木には2,3日に一度水をやることを勧めています。

生活排水を利用するのはもちろん、水をリサイクルするので最適です。ニューヨーク市公園&リクリエーション局はウェブサイトに次のように書いています。「ビルのメンテナンススタッフに側道に水をまいているときに木にも水をやるように頼んでください。屋台や道路で商売をしている人たちに(溶けた氷や花のバケツで冷やす)入れ物の水を、一日の終わりに木にやるように頼んでください。」

誰もが参加するようになったら、新しく植えられた木々が生き延びる率がぐっと高くなります。それは、やがて堂々とした存在に、そしていつか木が提供するありがたい日陰に支払うにはわずかな金額です。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ