世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2017年08月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キャサリン・マルティンコ
リビング/グリーンフード
2017年8月4日

CC BY 2.0 Comrade King

世界の食料輸送は、悲惨な影響を与える崩壊しやすい14の重要な「チョークポイント」に頼っている

理想的な世界では、全ての食料は自分たちのコミュニティの中でまかないます。知っている人が育て収穫した食べ物は、適正な価格で直接販売され、必要最低限の包装で新鮮な状態を楽しむことができます。というとこれは素敵なことのように聞こえますが、実際にはこのような生活ができるのは北アメリカのごく一部の人たちだけです。

地元でとれたものをまったく食べないなら、おそらく棚に保存されるための世界的な複雑な食料生産ネットワークに依存した食品店で買い物をしていることでしょう。それには役得があります。例えば冬に安いバナナ、大量のレモン、グリークサラダといったものが食べられることです。しかしこれには遠隔地の政治的環境的動きに簡単に影響を受けるというデメリットもあります。

2011年のアラブの春を例に取ってみましょう。暴力へとエスカレートし最終的にシリアの戦争を長引かせている世界的な抗議の原因は色々ありますが、ぐんぐん上昇する食料価格とカイロのパン不足を解消することにはなりませんでした。興味深いのは、これがロシア黒海地域からの小麦の輸入不足とつながったことです。ロシアは前の年の夏の干ばつで国内の小麦の需要に対応するため輸出を全て停止していました。

ロンドンにあるチャタムハウスの新しいレポートは、国際的な食料供給ネットワークの脆弱さに注意を向けています。現在4種類の穀物が主要なものになっています。とうもろこし、小麦、米、大豆です。これらは私たちが知っているとおり世界的な食料保障を担っており、およそ28億人の食料となっています。とうもろこし、小麦、米は一日の世界的な食料エネルギー摂取量の60%となり、大豆は世界的食糧供給(肉になる動物向け)の65%となっています。

これらの穀物は道路、鉄道、船舶によって国際的に運ばれ、チャタムハウスがリスクが高まっていると確信する14の主要なチョークポイントを通っています。このチョークポイントとなるものは、「並外れた量の交易の通過を通じた輸送ルートのつなぎ目」にあります。石油産業のチョークポイントは専門家の頭を支配しており、世界の食料は考慮する価値のないリスクとして無視される傾向にあります。

「このチョークポイントのうちの一つあるいはそれ以上の深刻なダメージが、供給不足と価格の急上昇を招くと考えられ、体系的結果として食料市場の限界を超える可能性があります。より多くのありふれた混乱がそれだけでおさまらず別の危機を引き起こし、遅延、食品の損傷、輸送費、強制市場対応、物価上昇と乱高下が加わります。」

これら14のチョークポイントの一つを除く全てが阻害あるいは分断を過去15年に経験しています。たった一箇所だけがまだで、ザ・ポストは、ジブラルタル海峡は「ブレクジット交渉の下でプレッシャーを受けているかもしれない」と書いています。

チャタムハウスのツイッター画像

チャタムハウスでリサーチディレクターをしているロブ・ベイリーは、これらのチョークポイントが非常に危険なほどに看過されてきたと話します。彼はワシントン・ポストに「これはパーフェクトストームへのグライドパスです。」と語りました。

チャタムハウスは、気候変動が状況を悪化させ続けるだけだと言います。特に干ばつ、嵐、洪水がいくつかの重要なチョークポイントを同時多発的に襲うかもしれないからです。

「(気候変動)の頻度が増え、異常気象の激しさが増し、規則的にチョークポイントがより多く閉鎖し、インフラの摩耗が大きくなるでしょう。海面上昇が統合した港湾オペレーションと沿岸貯蔵インフラを脅かし、高波による危険が増します。これは摩擦と不安定さの悪化を加速させると予測されています。またより多くの不作、その場しのぎの輸出管理を強制する政府のリスクが増します。さらに気候変動は現在の供給分断のリスクを増すかもしれません。異常気象がより普通に起こるようになるのにあわせ、別の場所で同時に混乱が起こる可能性は高まります。」

ワシントン・ポストは2012年8月に襲ったハリケーンアイザックを例に取っています。それは港を閉鎖し、ミシシッピ川地域のバージ船交通を不通にしました。

これは食糧の未来への悲観的予測であり、チャタムハウスは各政府に事態が悪化する前に別のルートや供給資源をつくるような対処をし始めるよう勧めています。一般市民には、チョークポイントについての議論が、地元の食糧ネットワークを構築し支援するのに重要であるという価値あるヒントになります。穀物の多様性とレジリエントなオーガニックで育てる方法は、産業レベルで単一穀物を生産するよりずっと安全で健康的なストラテジーです。産業レベルでの穀物生産は、世界での基準となり、その生産過程、植え付けや収穫から世界中への輸送に至るまでそれぞれで化石燃料に大きく頼っているからです。100マイルダイエット(それより短距離)食糧ムーブメントはただのトレンドではありません。それは繊細なものでもあるのです。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
集団で革新を探求する

「今日、私たちはここで個々バラバラだったものがつながるためにいます。お互いを通して、何か違ったものが見えてくるでしょう。」と創造的なリーダーシップセンターのアキヴァ・ビーブは話しました。この人はこのワークショップを進行する一員です。「どうやって一緒により速く、よりよく行動するでしょうか、どうやって街について別の考え方をすることができるでしょうか?」と彼女は話します。

一日を終えて、参加者は相互活動的なグループ活動に参加しました。その活動には、都会の主な困難やゴールを目立たせるように「明日のヘッドライン」を書くというのもありました。これらの活動は、会話や創造性、関係構築、そしてお互いに学び合うことを後押ししました。


地域的な支援としてWRIの作業と戦略についてプレゼンをするケイト・オーエンズ Photo by Dennis Nyongesa

都市開発マネージャーであるケイト・オーエンズは、地域における作業に対するWRIロスセンターの戦略についてプレゼンをしました。これは、この空間での協力者であり召集者として活動していることを強調したものです。「それぞれの街の経済的活力は考慮に入れられていません。私たちの古いビジネスモデルは、どのコンテクストでも役に立たないのです。私たちは革新しなければいけません。私たちは、道路や環境をつくることに焦点を当てるだけでなく、その街のあるその2つの間の空間のことにも焦点を当てなければいけません。」と彼女は言います。

ワンジラ・マタイは、再生における女性の企業家精神(wPOWER)でパートナーシップのディレクターであり、WRIの委員で、参加者の一人でした。マタイは、「アフリカにおける都会の緑の空間は攻撃を受けている」と宣言することでグループを発奮させました。

このワークショップはナイロビとカンパラの都会の変遷と先に進む道という街のプロジェクトについてパネルディスカッションを続けました。パネリストには、GoDown アーツセンターのディレクターであるジョイ・ンボヤ、マケレレ大学のカンパラ都市アクション革新ラボの主任であるシュアイブ・ルワサ教授、ナイロビ大学都市調査革新センターの主任ムサイミ・ンバティがいました。


イベントでパネル発表をするジョイ・ンボヤ、シュアイブ・ルワサ、ムサイミ・ンバティPhoto by Talia Rubnitz

ンボヤは、街そのものと芸術の交差の重要性について討論しました。「私たちは市民のプライドと私たちが家と呼ぶ全ての空間に関連するナイロビのものを結集しなければいけません。」と話しました。

シュアイブは、より多くのコミュニティ参画とローカルレベルでの行動主義が必要だと言いました。「街として、私たちは知識のための知識から、行動のための知識へと動かなければなりません。」と彼は進めます。そのレベルに達するために、彼はコミュニティ内でのパートナーシップ、強いリーダーシップ、そして革新ラボにいるような学生の役割の重要性を強調しました。

同様に、ムサイミは学生の行動と約束の重要性について話しました。「私たちはこの国における緑のチャンピオンという次世代を訓練しています。未開発のままの多くの人材がそこにいるのです。」


ワークショップの中での相互活動的なグループのアクティビティへの参加者 Photo by Dennis Nyongesa

ワークショップを通して、いくつかの重要なテーマが見えてきました。それは、街のビジョンという共有されたオーナーシップをつくること、コミュニティのニーズに沿った投資プロジェクトを提携させること、仕事とサービスへの公平なアクセスを提供すること、適応力のある都市の構造をつくるためにより意図的に計画を立てることです。これらのトピックは、将来のパートナーシップとプロジェクトに重要な方向性を示しています。「もし私たちが協力し共に働けば、非常に多くの機会があります。私たちは現実を変えるために、目的を作為的にしなければいけません。」とアシュデン財団のプログラム・ディレクターであるギレス・ブリストウは話しました。

前へ進む道を見極める

「これは旅の始まりです・・・チャンスは急激に増えます。」とビーブは終わりに言いました。此のイベントは一日しかありませんでしたが、参加者は将来のプロジェクト、協力と、共同の変化に可能性を見たと言います。

地元組織とのパートナーシップを構築し、重要な関係者を招集し、データ収集と透明性を改善することを通して、WRIは地域の変化を支援し続けるでしょう。エチオピアのアジス・アベバにある事務所(2016年に設立)と共に、私たちは直接技術的なアドバイスをし、すでにあるグループと連合することをねらっています。WRIはロスセンターとパートナーシップは、成長、活力あるレジリエントな都市センターへの別の道を追求するアフリカの街の努力を支援します。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
2017年6月28日



持続可能な街のためのWRIロスセンター、ケニヤのナイロビに都会の専門家を召集しました。それは全ての街の同格さに関するワークショップがあるからです。Photo by Talia Rubnitz

ケニヤ、ナイロビ(2017年6月28日)—全てに対して機会を与える一方で持続可能性を高める街にすることはできるだろうか?ナイロビのワークショップにおいて、持続可能なWRIロスセンターは、ナイロビはケニヤで、サハラの南の地域から集まった利害関係者にこのような質問に答えるために人々を集めました。

参加者は学者、都市計画、ビジネス、技術部門、自治体、その他の分野から集まり、より持続可能な街を作るために革新への方法と、共に働くための方法を話し合いました。これは、WRIロスセンターの一連のミーティングのなかでも最初のもので、その地域特にケニヤのナイロビとウガンダのカンパラで、都会の革新と変形力のある変化を検証するためのワークショップです。

アフリカサハラ南部の都市の変遷

今日、都市計画への因習的なアプローチの多くが、居住者の多すぎに陥っています。アフリカサハラ南部の成長は、非常に多くのチャンスと困難の両方の問題を提出しています。アフリカに居住する半数以上の人々が2040年までに街に住むと言われており、それは非常に多くの若者となります。公的私的セクターは、この人口移動に関連した将来的な可能性、困難、誰もが良い仕事につけるように確実にすること、生活の質を改善するサービスを提供することを認識しています。


ワンジラ・マタイとジョイ・ンボヤが、持続可能で街が同格であることについての意見を交換している。ナイロビにて。Photo by Dennis Nyongesa

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
コロンビアの樹木カバーロスは、少なくとも現在のところ遅い



コロンビアの樹木カバーロス率は、2007年のピーク以来ほぼ50%下がりました。中央政府統計がこの傾向を確認しています。2010年から2015年の森林伐採率は2000年から2010年までのおよそ半分になるとしています。コロンビア政府の2020年までにアマゾンの森林伐採をゼロにするという約束が要因になっているかもしれませんが、なぜロスのスピードが遅くなったのか一致した意見はありません。

ホットスポット分析は、アンデスとアマゾンの間にあるメデジンとカケータ県、およびグアビアーレ県にある山岳地帯での樹木カバーロスが大きく下がったことを示しています。主な気候融資や国際的なファンドが、カケータとグアビアーレがこの減少に一役買うようにしたのかもしれません。

しかし、最近の政治的なダイナミクスの変更が、この減少傾向を短期的なものにするかもしれません。FARC、コロンビアで最大の反乱軍が、コロンビアのアマゾンで何十年にもわたって外部者を撃退し、間接的に乱伐を減少させてきたのです。新たな平和条約の下でFARCのユニットが森林内の駐屯地から撤退し始めたことが、この地域を農業拡張、不法伐木、不法採掘に対してより脆弱なものにするかもしれません。

メコン流域国、開発のために森林を失う




メコン流域の国々は、樹木カバーロス率の増加を経験しています。それは特にミャンマー、ラオス、タイです。プランテーション、農業、伐木、インフラ開発のための伐採がロスの主な原因となっています。カンボジアの樹木カバーロスは2015年はたったの6%で、それは現存するプランテーションでおきました。ということは、そのほかの94%(124,518ヘクタール、307,690エーカー)は、自然林や植樹した樹木の伐採からのロスであるということを意味しています。メコン流域のホットスポット分析は、ラオス北部の新しいホットスポットが、最近のメコン川沿いのダムインフラ開発による森林伐採と関係し、流域南部のホットスポットは、プランテーション開発が主な原因であることを示しています。

時間とともに明らかになるパターン


世界の樹木カバーロスは2015年高いままでした。この年、世界のロスはおよそ2000万ヘクタール(4900万エーカー)になり、この大きさはウガンダのサイズに匹敵しています。現在の2015の試算では、ロスは2014年より減ったとしていますが、全体的な世界の樹木カバーロスの傾向としては(下のチャートで赤線で示してある3年平均を定義とする)、2015年の記録が第二番目に高いものとなっています。世界も同様に2001年より2015年に樹木カバーの47%を失いました。



データの正確さに磨きをかけ改善するために絶え間ない努力が行われており、その一つとして、2014年に新しく使えるようになった衛星画像を利用して前年の樹木カバーロスを計算し直し、500万ヘクタール(1200万エーカー)のロスが新たに加わりました(なぜどのようにデータが毎年改正されるのかが分かる記事はこちら)。

新しいデータが熱帯にまたがる樹木カバーロスのホットスポットの鮮明な画像を出す一方で、 寒帯と温帯の森林の状態ははっきりしなくなっています。2015年のデータはカナダ、ロシア、アメリカ合衆国が、世界の樹木カバーロスのトップスリーになっていることを表していますが(これらの国々は非常に広大な森林も持っている)、材木獲得に関する情報も(森林再生や自然再生による)樹木カバー獲得の情報がなく、これらの国々で実際どれぐらいの森林が失われたかを語るのは難しいのです。私たちは毎年の樹木カバー獲得データが2018年に利用できるようになると期待しています。それによってこれらの国々での森林の変化をより正確にモニターすることができるようになるでしょう。

1年で傾向ができるわけではないにも関わらず、毎年のアップデートは時を追うごとに樹木カバーロスのパターンに識見を提供します。さらに、GLADアラートのようなほぼリアルタイムに近いデータと、活発な火事警告、ホットスポットを明らかにする分析ツールが、いつ、どこで、なぜロスが起こるのかというより多くの情報を、ダメージをひどくしないですむうちに集めることを可能にしています。

世界森林ロスランキング2001〜2015
(原文のページで御覧ください)

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 01:20 PM | comments (x) | trackback (x) |
ミカエラ・ワイス、エリザベス・ダウ・ゴールドマン、ナンシー・ハリス、マット・ハンセン、ピーター・ポタポフ、スヴェトラーナ・トゥルバノーヴァ 2017年7月17日



世界森林破壊監視が衛星から得られるデータをベースにした新しいデータを公開しました。それは2015年に世界中の森林がどのように変わったかを表しています。このデータは、メリーランド大学とグーグルによるおよそ100万の画像を分析し、30*30メートルのエリア内でどれだけ5メートル以上の木が枯れた、あるいは伐採されたかを測定して得られたものです。これは、自然林の開拓から植樹したものの刈り入れまで、持続可能、あるいは持続不可能な活動をいくらでも捉えることができますが、その他の文脈上のデータと情報も一緒に分析すると、乱伐(典型的に、森林を他の目的のために永久的に変えるものとして定義されている)の代名詞になっています。

2015年は、どちらも肯定的な話になっています。それはコロンビアのような場所での樹木ロスは遅くなっている可能性があり、しかしもっと心配な傾向としては、パプアニューギニア、西アフリカ、メコン川流域での樹木ロスの率が高くなっていることです。これらについて以下に見るとともに、世界の森林状況について何をデータが物語っているのかを見ていきましょう。

パプアニューギニアと西アフリカでの新しい樹木カバーロスにアブラヤシが関係している

パプアニューギニアは、他の記録上の年の70%以上の樹木カバーロスを2015年に経験しました。



新興の「ホットスポット」の分析—統計的に重要な樹木カバーロス集中地域—が手付かずの森林風景(人間のフットプリントが最低限である森林のこと)に新しいロスのまとまりを明らかにしました。それは、本来の姿を残す地域が脅威にさらされていることを示しています。これらホットスポットのいくつかは、森林火災危険地域と重なっており、インドネシアの2015年の森林火災発生が、ニューギニア島でインドネシアと国境を分けるパプアニューギニアの森林も焼き尽くしたことを表しています。(インドネシアでの樹木カバーロスに関する別の分析はこちらから読めます。)



パームヤシの拡大は、西アフリカの樹木カバーロスに劇的な貢献をしているように見えます。2015年、リベリアとシエラレオネは、2001年に比べ、それぞれ6倍、12倍の樹木カバーロスの増加となっています。レポートによれば、西アフリカはパームヤシによる森林伐採の高いリスクにさらされ、リベリアは穀物の新開拓地として森林伐採が進んでいるということです。

この地域での樹木カバーロスの増加のいくつかは、伐採を判定するアルゴリズムの変更によるものかもしれません。2013年の樹木カバー法へのアップデートは、背の高い灌木の伐採を検出する方法を改善し、その結果、特に低地乾燥林での樹木カバーロスの検出が増えました。今後アップデートされるデータは、ロスが本当に増えているのか、それとも手法の変更によるものかを検証することになります。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ