世界の緑化



再生可能エネルギー−国のターゲット
EUメンバーの国々も、再生可能エネルギー令の下2020年までにエネルギー消費の再生可能エネルギーの割合を上げるという拘束力のある国家目標にしています。

これらのターゲットは、再生可能エネルギー生産の現状と、マルタの10%からスウェーデンの49%までのように増加できる能力を反映してさまざまです。

相対的な効果が、EU全体を次のようなターゲットに到達できるようにします:
・ 2020年のターゲットの20%(2010年レベルの9.8%の2倍以上)
・ 輸送セクターにおける再生可能エネルギーの割合の10%

革新と融資
EUは、次のことを通して低炭素テクノロジーの開発を支援しています:
・ 再生可能エネルギーテクノロジーと炭素捕獲と貯蔵のためのNER300プログラム
・ 研究と開発のためのHorizon 2020融資

エネルギー効率
高まるエネルギー効率の測定法は、エネルギー効率令に提示されています。

利点
2020パッケージのゴール達成はまた次のことも支援します
・ EUのエネルギーセキュリティの向上−輸入エネルギーの依存削減、欧州エネルギーユニオンの達成への貢献
・ 雇用を創出し、グリーン成長を推進し、より競争力のあるヨーロッパにします

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto
| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ