世界の緑化

政策
2020パッケージは2020年のEUが気候とエネルギーターゲットに合致することを確実にするために通った一連の法のことです。

このパッケージは3つの重要なターゲットを設定しています。
・ 温室効果ガス排出の20%削減(1990年レベルから)
・ 再生可能エネルギーをEUの20%のエネルギーに
・ エネルギー効率の20%改善

このターゲットは2007年にEUのリーダーたちが設定し2009年に施行されました。

EUはこれらのターゲットを達成するためいくつかの分野で活動しています。

排出取引システム(ETS)
EU排出取引システムは、発電や工業セクター、航空業界といった大規模施設からの温室効果ガス排出を削減するために重要なツールです。

ETSは2019年のEUの総排出量のおよそ40%(国際的な航空業界を除く)をカバーしています。

2020年に、これらのセクターからのこの排出に対するターゲットは、2005年のそれより21%低くなっています。

国家ごとの排出削減ターゲット
このターゲットは、努力分担セクター(ETSやLULUCFではない)をカバーし、2019年のEU総排出量(国際的な航空業界を除く)の60%ほどとなっています。例えば:
・ ETSではない産業
・ ハウジング
・ 農業
・ 廃棄物
・ 運送(航空業界を除く)

EUの国々は2020年まで、「努力分担決定」の下、これらのセクターでの排出量削減(2005年と比較して)のため年間ターゲット規定を受け入れてきました。

このターゲットはそれぞれの国の豊かさにより様々で、—2020年までに最富裕国の20%削減から非富裕国の最大20%増加まであります。ただし、非富裕国も排出量を制限する努力はあります。

委員会により毎年進捗状況は監視されており、各国は排出量を報告する必要があります。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ