世界の緑化

EUは2050年まで温室効果ガス排出を減らし続けるためにターゲットを設定しました。

重要な気候とエネルギーターゲットを、次にように設定しています。
・ 2020気候とエネルギーパッケージ
・ 2030気候とエネルギーフレームワーク
このターゲットは、2050長期戦略のなかに詳細に記され、気候法の下で提案されている気候的に中立な経済になるような道筋をEUがつけるよう規定されました。

EUは規則的なモニタリングと報告を通じて、排出量削減への過程を追っていきます。

EUは2050年までに気候レジリエント社会になるというゴールを定めましたが、その気候レジリエント社会は不可避な気候変動に完全に適応するものです。

これを達成するための計画が、EU気候適応戦略に提示されています。

新しい政策を提示する前に、委員会はその潜在的な影響を注意深く査定します。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ