世界の緑化

職業、成長、レジリエンスにむけたリカバリープラン

カナダ政府のコロナとの闘いを終わらせる計画と、カナダ人のために雇用と成長を創るレジリエントな経済のリカバリーの確実な計画


改築するための利息なしローンを通して、家庭の電気代を安くする
気候アクションは家から始まり、住居のエネルギー改築は排出削減に大きな効果があります。予算2021は現金ベースで44億カナダドル(発生ベースで7億7,870万を2021-22年に始めて5年かけ、4億1,410万ドルをその後に)を提供することを提案し、カナダモーゲージとハウジングコーポレーション(CMHC)に4万ドルまでの利息なしローンを通じてディープ改築を家の所有者が完遂できるよう手伝います。そのプログラムは2021年の夏までに利用可能となり、最大20万世帯の改築を支えます。

カナダの自然遺産に歴史的な投資をする
予算2021は、2021年-22に5年をかけて2億3000万ドルの提供を提案していますが、これは2021-22年に減価償却の1億50万カナダドルで開始し、環境、気候変動カナダ、カナダの公園、漁業海洋省に100万平方kmまでの土地と陸水を保護するためのものです。これは、カナダの土地と海洋の25%を2025年までに保護するという私達のゴールをサポートします。予算2021はまた、公園、緑のスペース、峡谷、ウォーターフロント、湿地のような自然のインフラを構築するためにも2億カナダドルを投資します。

炭素捕獲、炭素利用、炭素貯蔵
炭素捕獲、炭素利用、そして炭素貯蔵(CCUS)は、排出量の多いセクターにおいて排出量を減らすためには重要なツールです。カナダはCCUSにおいて、毎年4メガトンの炭素を捕獲する国内のプロジェクトでリーダーとなっていますが、私達はさらなる炭素捕獲と貯蔵の技術的また地質的なキャパシティを持っています。予算2021は、2022年に始まる年間少なくとも15メガトンのCO2排出削減をするというゴールを設定し、CCUSプロジェクトに資本投資するための投資税額控除を導入する提言をしています。予算2021は、2021-22年に減価償却の150万カナダドルで開始し、7年かけて3億1900万カナダドルを提供する提言をしており、これは炭素捕獲、利用、貯蔵テクノロジーの商業性を改良する研究開発をサポートするナチュラルリソーシーズカナダのために行います。

カナダ人を洪水から守りつづける
カナダじゅうのコミュニティは現在世紀に一度の洪水に数年ごとに見舞われています。これは気候変動によるものです。この壊滅的な洪水は、住居、ビジネス、インフラにダメージを与えます。実際、洪水はカナダの最も被害額の高い自然災害で、毎年10億カナダドル以上の直接的なダメージとなっています。私達のコミュニティをより安全でレジリエントなものにするために、予算2021は、よりリスクの高いエリアのための洪水マップを完成させるために州や領地と協力してナチュラルリソーシーズカナダ、環境気候変動カナダ、公的安全カナダに2021-22年から3年かけて6380万カナダドルを提供すると提言しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ