世界の緑化

次のステップ

健康で持続可能な選択、簡単な選択ができる食物環境を作る
2017年のEUのでは、95万人以上(5分の1)以上の死因は不健康な食事でした。健康的で野菜を基本とした食事は、命をおびやかす病気や食物システムの環境インパクトのリスクを減らします。


消費者が健康的で持続可能な食事ができるための食品ラベルを追加する
委員会は、必須のパッケージ表面の栄養成分情報表示を提案し、食品の環境や社会的な面もカバーする持続可能な食物表示フレームワークを開発します。


食品ロスとの闘いをステップアップする
委員会は、2023年までにEUのじゅうに法的拘束力のある目標を提案することでフードロスを半分まで減らすことを狙います。


研究と革新
ホライズン・ヨーロッパの下、100億ユーロが食料、生物経済、天然資源、農業、漁業、養殖、環境に関係するR&Iに投資されます。知識移転は重要なものとなるでしょう。CAPのファームアドバイザリーサービスやファーム持続可能データネットワークがこの移転において農家を支援する手段となるでしょう。


世界的な移転を促進する
ヨーロッパの食物をその持続可能性で有名にすることで、私達は競合優位性を得、ヨーロッパの農家が新しいビジネス機会を切り開けるようになります。EUは、持続可能な食品システムへ世界が向かうのを支援するために、第三国や国家共同体と協力します。持続可能な食物表示フレームワークが消費者の選択を促進します。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ