世界の緑化

2021/3/21


欧州委員会が250万ユーロ〜750万ユーロの資本支出を伴った最初の革新資金が小規模プロジェクトを募集したところ、232の再生可能エネルギー、エネルギー集約型産業、エネルギー備蓄、炭素捕獲、使用と備蓄(CCUS)における革新的なクリーンテックプロジェクトの応募がありました。

セクターごとの応募数は:
・ およそ125のCCUSを含むエネルギー集約型産業。そのうちおよそ3分の1が水素、6分の1がヴァイオ精製所でした。
・ およそ60の再生可能電気と熱。そのうちおよそ半分が太陽光発電でした。
・ およそ50のエネルギー備蓄。

応募はプロジェクトが実施されるすべての加盟国、アイルランドとノルウェーからあり、提案されたプロジェクトは総額で提供できる予算の10倍となる10億ユーロとなりました。

最初の大規模プロジェクト募集への応募と比較すると、この募集はエネルギー集約型産業、炭素捕獲、仕様と備にはあまり魅力的ではなかったようですが、再生可能関連とエネルギー備蓄セクターにはより魅力的であったようです。



この募集の下のプロジェクトへの資金は、EUの緑の再生を促進し、ヨーロッパグリーンディールの下でのEU気候ゴールを果たし、地球規模でのヨーロッパの技術的リーダーシップを強固にします。

DG気候アクション局長であるマウロ・ペトリチオーネは次のように話しています。「大規模プロジェクトの革新資金への大きな関心を得たあと、私達は小規模プロジェクトの募集へ同様の道を開きました。応募者は、起業したばかりの起業から世界的企業までのすべての規模の企業のすべてのセクターからで、グリーンテック革新のポテンシャルが見られます。これらの企業が、ヨーロッパじゅうに低炭素の革新的解決の展開に目を向けています。このことから、緑の再生への投資にビジネスが関心を持っているということが確認され、気候中立への移行が、大規模、小規模、起業したばかりの起業のどの規模であろうとも重役会議で大きなトピックになっていることが分かります。」

この募集で強調したのは、革新的でありながら小規模に展開される成熟したテクノロジーでした。商業的展開への段階に入っている本当に革新的なプロジェクト、例えば新しい市場セグメントに顧客をもたらす、炭素集約型に代わる製品、ネット炭素除去革新や直接的な空気捕獲といったものにフォーカスを当てました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ