世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月  2021年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

目的

オーストラリアグリーンズが求めるのは:
1. オーストラリアの温室効果ガス排出の2035年まであるいはそれより前のネットゼロあるいはネットネガティブ
2. 多国間の排出減少条約へ導く、国際交渉でのオーストラリアの指導的役割。この条約は、歴史的にまた現在豊かに産業化がされた国々の気候危機に対する拠出に比例して認識される、機会と責任の公平さを共有するものです。
3. 安全な気候となるための緊急の行動を起こすコミュニティ内の支援設立
4. 化石燃料を基本としたエネルギー汚染なしの代替物の開発と展開を促すためにオーストラリアが利用できる科学的、外交的、経済的影響
5. 化石燃料産業への助成金の廃止
6. 私達の排出削減計画に矛盾のない、化石燃料の採掘、消費、輸出のための調査の段階的廃止
7. 強力な規定による干渉と強力で有効な炭素価格を通じて、化石燃料を再生可能エネルギーと変える計画を含む、幅広いメカニズムによるネットネガティブ温室効果ガス経済への公正な移行
8. 化石燃料セクターへの助成金を削除し、気候変動削減セクターに関連する投資額を増額する
9. すべての重要な温室効果ガス排出セクターの報告により裏付けされ、年間ターゲットと国の排出制限を合わせた、資金が十分にあり包括的かつ調査を基本にした排出削減計画
10. 化石燃料に依存し、不必要なプレッシャーを環境資源に与えるような消耗品の過剰生産と過剰消費の削減
11. 法的フレームワークの連邦政府が優先順位の高い責任として気候危機を処理し、次の事柄を確実にする
ⅰ すべての政府のレベルからの関連するすべての法律、規則は、気候危機を考慮に入れることが求められる
ⅱ 公正、公平、民主主義が、気候危機へ対応する政府の指針のなかにありつづける
ⅲ 気候危機は、エネルギー市場を統治、規制する機関によってなされる決定の中心である
ⅳ 気候危機は、すべての政府レベル、Environment Protection and Biodiversity Conservation Act 1999(EPBC Act) の下で、現在着手されている自然環境で重要な事柄を含む全ての決定および承認プロセスの中心にある。そして
ⅴ 気候危機に影響する政府のすべてのレベルによってなされたすべての決定と理論的根拠は公に報告される


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ