世界の緑化

新しい戦略へのプロセス

 オフショア再生可能エネルギーが、EUが目標とするエネルギーと気候ターゲットに到達できるようにすることを確実にするために、欧州委員会はオフショア再生可能エネルギーに関するEUに戦略を出版しました。潜在的寄与を推計し、方法を提案する2020年11月19日COM(2020)741は、このセクターの長期的な持続可能な開発をサポートするために先へ進めます。

 このインパクトを最大のものにするために、EU戦略は、エネルギー生産の要因という狭い定義を越え、より広範な問題を訴えています。それは
・ 海洋空間へのアクセス
・ 産業と雇用の範囲
・ 地域と国際的な協力
・ 研究室から実用へ研究事業の技術移転

 エネルギーミックスにおけるオフショアエネルギーの役割を補強する一方で、この戦略は持続可能性を強調しています。具体的に言うと、環境と生物多様性の保護が、関係するすべての範囲に対して重要な原則となるでしょう。

 この戦略は委員会と欧州議会、地方の代表、利害関係者、社会的パートナー、NGO、EU市民とともに、政策アクションの提案を先に進める前に話し合われます。

 この戦略を進める一方で、委員会は利害関係者や市民たちからの以下への寄与を歓迎しました。
・ 7月16日に始まり、2020年8月13日まで公開されていたロードマップ
・ 2020年9月24日まで公開されていた公聴
・ 方針説明書の分析、ターゲットとなる人々の会議、インタビュー、ウェビナーのようなライブイベントを通じて
・ 2020年7月9日に行われた利害関係者ウェビナーは、重要な問題の見解と、このセクターでのステップアップと長期的な持続可能な開発の支援の促進方法を交換することを可能としました。

 欧州委員会は、この戦略の異なる範囲へ多くのターゲットとなる調査研究を提供することを約束しました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ