世界の緑化

オフショア再生可能エネルギーには、豊富で、天然で、クリーンな、風や波、潮流のようにあらゆるものがあります。これらは、陸地の再生可能エネルギーが直面する困難-丘、建物、道路やその他グリッドとつながることが難しくなる人間の活動-を避けますし、また別の海上へのアクセスの競争のような別の困難も切り抜けられます。

海洋エネルギーは、現代のテクノロジーによって温室効果ガスの排出なしに利用することができ、EUにおいてクリーンエネルギーの将来性のある礎石に、オフショア再生可能エネルギーがなります。

EUは、ヨーロッパグリーンディールのなかで強調しているように、2050年までに世界で最初の気候中立大陸になるように努力しており、オフショア再生可能エネルギーは、重要なものとなります。


セクターに投資する

オフショア再生可能エネルギーは、いくつかのエネルギー源や様々なテクノロジーをカバーしていますが、それらは開発段階で異なるステージにあります。それぞれヨーロッパエネルギーシステム、海洋利用者、工業関係者、市民社会に対して困難とチャンスを有しています。



コロナウイルスからの回復の時期に、可能な場所のオフショア再生可能エネルギーに先行投資することが大切です。それは、これが永続する職業や経済活動を加速させ、それによって緑の回復や長期的な持続可能性、包括的な成長に貢献するからです。

ヨーロッパエネルギー・インフラ、規制のフレームワーク、マーケットデザイン、調査と革新といった継続的な開発は、オフショア再生可能エネルギーを育て改善し、必要な投資を促進するのに等しく必要です。これは北部の海盆レベル、バルチック、地中海、黒海、EUの最も外側の地域、海外領土でのオフショア再生可能エネルギーの統合や、国の海上空間計画での意欲的な目的を確実にすることです。

陸地と海上グリッドのインフラ開発を地域的に協力することは、2020年の終わりまでに計画されていたTrans-European Energy Networks(TEN-E)にある規制の改編も考慮に入れています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ