世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2020年11月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

その他の最終候補者

自然カテゴリー
・ LIFEアウリニア マーシュツマグロヒョウモンチョウの生息の回復(ドイツ)
・ セーフグリッドへのLIFE 絶縁性送電線の危険からカタシロワシを守る(ブルガリア)
・ LIFE+スカルヴィア ベルギーのKruikeke Bazel Rupelmondeでの洪水防御とリクリエーションエリアをつくる(ベルギー)
・ WOLFLIFE カルパティア山脈で繁栄する狼の頭数を維持する

環境カテゴリー
・ LIFEコジェネレーションPL 自治体のゴミと下水汚泥のエネルギー回収を管理する(ポーランド)
・ LIFEデバッグ 海洋環境におけるプラスチック袋汚染を抑制するために消費者行動を変える(ギリシャ)
・ LIFESURE 道路工事現場でのエコなアスファルトを製造する(スペイン)
・ より賢いLIFE 埋め立てゴミを減らし再使用し、グリーンジョブを創出する(アイルランド)

気候行動カテゴリー
・ LIFE炭素乳製品 より少ない二酸化炭素排出での牛乳生産(フランス)
・ LIFE HEROTILE より空気の浸透性の高い屋根のタイルと改善されたエネルギーパフォーマンス(イタリア、フランス、ドイツ)
・ LIFE泥炭地利用 健全な土地利用計画を決定する議員を助けるためにエコシステムサービスを評価する(フィンランド)
・ LIFE RE ミダ 埋立地発生ガスの排出量削減(イタリア)

背景
LIFEプログラムは、環境と気候アクションのためのEUの積立手段です。1992年から運用しており、EUと第三国でのおよそ5400のプロジェクトに協調融資してきました。いかなるときも、1100のプロジェクトが進行しています。2014年から2020年の予算は時価34億ユーロとなっており、環境のための副プログラムと気候アクションのための副プログラムをカバーしています。次の長期EU予算は2201年から2027年までのものですが、欧州委員会はLIFE基金をおよそ60%まで引き上げることを提案しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ