世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月  2020年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ブリーフィング

緑のインフラ計画とエコシステム復元を支援するためのツール

緑のインフラは戦略的に計画された天然あるいは半天然エリアのネットワークで、幅広いレンジでのエコシステムサービスを届けるためにデザインされ管理されている環境上の目玉となるものも含んでいます。水質浄化、空気の質、レクリエーションのための空間、そして気候軽減や適応もあります。この緑(土地)とブルー(水)の空間のネットワークは、環境条件を改善し、それによって市民の健康や生活の質を改善します。また緑の経済を支援し、就業機会を創出し、生物多様性も拡大します。緑のインフラがもたらす利点を最大にするために、GIは空間と物理的計画の必須のコンポーネントとなるべきです。GIを開発することは、EU2020生物多様性戦略を成功させるための重要なステップになります。戦略のターゲット2は、2020年までにエコシステムとそのサービスが、緑のインフラの構築と低下したエコシステムの最低15%の回復によって維持され拡大されることを求めています。

重要なメッセージ
→国、地方、地域の当局は、統合された空間計画や、土地転用、気候変動の軽減や適応、からのプレッシャーを減らすためにセクター間での調整されたマネジメントを改善することができます。それはGIと生物多様性の向上が統合された空間の部分と販売地域計画になることを確実にするためです。

→明確な方法論的なガイドライン、トレーニング、そして参加型のアプローチが、統合された空間計画に向けての変化を進めるために必要とされています。

→参加国とその他の利益授受者は、サブナショナルのレベルからEUレベルまでの戦略的GI展開を支えるなかで、地理空間法、データ、地図の恩恵を受けることができます。

→2つのマッピングアプローチー物理的エコシステムを基本としたーと3つの重要なGI方針ー連結性、多機能性、空間計画—は、都会の風景から郊外の風景まで全ての大きさに適応します。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ