世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2020年11月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
2020年4月9日


© encierro

日当たりから土壌のタイプまで、あなたの食べ物を育てる場所を選ぶときに考慮しなければいけないこと一覧です。

私達自身で育てることは、私達自身ができるより力づけることの一つです。よりエコフレンドリーで、コストが最低限で、最も新鮮健康的でおいしい食べ物をつくります。そして大事なことは、じぶんが食べるものが作られた方法を、家庭園芸家に管理することができることです。ファーマーズマーケットは、そこに行ける人たちにとってはすばらしいものですが、そこに行けず庭を持っている人たちが、巨大な農業と複雑な食品システムに依存しなければならないことに対抗するのには良いのです。

そして食料の安定性が危ぶまれるとき、裏庭やコミュニティガーデンに行って地面から夕食を撮ってくることができることは、他となかなか比較することのできない安心になります。自給自足がとても人気になってきている理由がここにあります。

もし庭をすでに持っているなら、すでに第一歩を踏み出していることになります。けれど今から始めようという人たちには、確保する場所として良いところ、あるいは良くないところがあります。考慮すべきことの入門書は以下です。

庭として最善の場所を選ぶ

どれくらいの場所が必要かを決定する
最初に、どれくらいのスペースがほしいかを明らかにします。農家年鑑は、だいたい16×10(またはそれ以下)フィートの区画が初心者の庭にはお勧めで、育てやすい穀物でいっぱいになるということです。「このサイズの区画は、次に4人家族が一夏食べ、缶詰や冷凍する分もあるお勧めの野菜の量を基本としています・・・」私は100平方フィートが初心者サイズとしては素晴らしいということが分かりました。

この野菜のための場所を作る
年鑑は次のとても育てるのが簡単で普通でみのりの多い植物を勧めています。(地元の農協エクステンションに、その地域でよく育つ植物やその場所ならではのコツを聞くこともできます。)上に書いたように、16×10フィートの区画(またはそれ以下)は、容易に次の野菜を植えることができます。
・ トマト
・ ズッキーニ
・ 胡椒
・ キャベツ
・ インゲンマメ
・ レタス
・ ビーツ
・ 人参
・ フダンソウ
・ ラディッシュ

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ