世界の緑化


Michelin Guide/Promo image

このクローバーは「持続可能な美食セレクション」とも呼ばれています。50以上のレストランが選定され―フレンチ全体が3,435軒あることを考えると少ない量ですが、それにも関わらず際立っています。3人のシェフが特に彼らのグリーン技術で特別な扱いになっています。「3つ星Mirazurのパーマカルチャー庭園、David Toutainの環境を意識したプロデューサーや職人とのコラボ、Bertrand Grébautのバイオ廃棄リサイクルプログラム(一つ星のレストランセプタイム)」です。

ミシュランがこの緑のクローバーを他の国のガイドにも広げるのか、特にアメリカはまだはっきりしません。今のところ、「このマークがついた最初のシェフたちの持続可能イニシアチブは、一年を通して様々なコンテンツを作るなかで、ミシュラン・ガイドのあらゆるプラットフォームに追加で詳細が述べられ、取り上げられるでしょう。このことで読者は持続可能性をもつレストランについてより知ることとなり、シェフと読者たちが食事をする場所を選ぶときに味わう料理の視点をよりよく理解するでしょう。」

最も大切なアクションの一つとしてある個別でも世界規模でも食べ物の無駄を減らすシステムに、この環境を考慮した賞が、レストランやシェフをインスパイアし、こだわりを持つ健啖家が外食をするときに持続可能な選択をもっとするようになればと期待しています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ