世界の緑化

リンジー・レイノルズ
2020年2月27日

レストランが受けられる最高の賞と考えられるミシュラン・ガイド2020フランス版は、環境に配慮したレストランに賛同を示す。


© Alexandros Michailidis / Shutterstock.com

良い食事を非常に非常に深刻に受け止める人々のために、1世紀の歴史を持つミシュランガイドフランスには新しいステータスシンボルが加えられました。その崇められるべき出版物の出版、星(もしあれば)の数で世界中のレストランに賞を与え続けてきたものですが、1900年代の早いころから行われてきています。

もともとフランスのタイヤ企業が、フランスじゅうを自動車で旅行することを促進するために作ったのですが、ガイドの毎年最も高級なレストランのランキングは現在では映画会社のアカデミー賞のノミネートのように切望されています。

現在でも、このガイドは本来の母国フランスの何千ものレストランとホテルに焦点を当てる姿勢を変えていません。それは、ニューヨーク市とその行政区にある500のレストランと50のホテルをカバーしたUSガイドを発表する2005年まで続きました。とりわけ、ガイドは長たらしいレストランのレビューを載せずに、むしろ包括的な絵文字リストと時々1行か2行程度の料理のスペシアリティが掲載されているだけです。


Peter Lindberg / Flickr /CC BY 2.0

予想通りのことですが星が最も切望され、最も重要なランク付けとなっており、それは0から3つまでとなっています。ガイドによれば、「星1つはとても良いレストラン、2つは遠回りになっても行くべき素晴らしい料理、星3つは特別な旅に匹敵する特別な料理を意味する」となっています。効果的な方法で2020年はたった14のアメリカのレストランが3つ星を獲得しました。

ミシュランのシンボルの幅は、小さな混ざったドリンクの絵の「注目に値するカクテルリスト」からバレーパーキングを表す鍵を持った手や、テラスでの食事を表す「中庭のパラソル」まであります。そして今年、ミシュランは最新のフランス版ガイドに新しいマークを追加することを決めました。それが緑のクローバーです。ミシュランのプレスリリースによると、このクローバーは「資源を守り生物多様性を大事にし、食物ロスを減らし不再生可能エネルギーの消費量を減らす責任を持つシェフを促進する」意図があるとしています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ