世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月  2020年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

自然のなかで過ごす時間、「グリーン」な姿勢とリンク

カサリン・マルティンコ
2020年1月17日


Public Domain Unsplash / Robert Bye

自然界にいる時間が長い人ほどエコフレンドな選択をする傾向があることが調査で判明

日常生活で、自然の中にいる時間が長ければ長いほど、より環境にフレンドリーな行動をするようです。例えば、リサイクル、自転車、エコフレンドリーな商品を買う、環境プロジェクトのためにボランティアをするなどです。このつながりが当たり前のように聞こえますが、ヨーロッパ環境および健康センターの調査チームが24,000人のブリトン族の修正をより詳細に観察するまで、小さなスケールでの実験を超えたものはなかったのです。

彼らが発見したことは、どこに住んでいようとも、もし公園や森林や海辺で時間を過ごしたり、もし緑豊かな地域に住んでいたりすれば、自然界により価値をおく傾向があるということです。プレスリリースには次のようにあります。

「結果は、より緑の多い地域や海浜に住んでいる人々のなかでグリーンな選択はより当たり前となっており、どこに住んでいようとも彼らは定期的に自然のあるスペースを訪れていました。この関係は老若男女を問わず、富裕者であろうがなかろうが同じでした。」

主執筆者であるイアン・アルコック博士が指摘しているように、街は気候変動に対処するために「より緑に」なるように促進しており、都会のヒートスポットを減らすために植樹や公園開発が進められています。けれどもこれらの同じ努力が、より肯定的な波及効果となったかもしれません。「この結果は、都会を緑にすることが、そもそもの人々を自然界につなぎなおすことで、環境問題を引き起こす行動を減らすことになるかもしれないと提案しています。」

非常に納得がいきます。人々は自然界に親しみ、何を保護する必要があるのかを認識するために自然を楽しまなければいけません。このことは特に子供たちにあてはまります。彼らは自然界からかくまわれるようになっていますが、将来の環境係になるために、絶対自然のなかに出ていかなければなりません。

調査はこちらで見られます。この調査はEnvironment Internationalのジャーナルに掲載されています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ