世界の緑化

2019年11月11日月曜日



World Green Building Council(World GBC)が2019年9月にエンボディド・カーボンについて行動を起こすように呼びかけたとき、オーストラリアをリードする団体は率先しました。

オーストラリアグリーンビルディング協議会の20のメンバーは直ちに建物、建設セクターで大きな行動を起こしました。

これは企業、政府、世界規模の研究所の4分の1となり、オーストラリアでの変化を支える印象的な大きなうねりを作っています。

これらの団体は、建設時に排出される炭素に特に焦点を合わせて建物やインフラの全生涯に渡る炭素排出を劇的に軽減する世界GBCビジョンに名前を連ねています。

このビジョンは重要です。なぜならこれらの排出は世界全体の排出量の11%になると試算されているからです。そしてその排出量の11%のほとんどが、前もって、つまり誰かがビルの中に足を踏み入れる前に出されているのです。

世界GBCのレポートによれば、「私達の炭素予算を今使いきってしまっている。」「一度建物やインフラが動き出せば、先に出た排出量については何もできることはない」ということです。

稼働前の炭素排出を減らすことは、気候変動についてのUN政府間パネルによって描き出された気候変動災害予測を避けるためにとても重要です。

今このことを訴える必要があります。

レポートが訴えていること
世界GBCのエンボディド・カーボンは、全ての新しい建物、インフラ、そして改装が2030年までにエンボディド・カーボンの40%まで、特にその運用前の排出量を減らすように訴えています。

2050年までに、このビジョンは全ての建物、インフラ、改装がエンボディド・カーボンの純炭素を0にし、稼働時も同様に0にするというものです。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ