世界の緑化

サステイナビリティ・レジリエンシーオフィス(OSR)は、街の環境、経済、社会的な困難を訴えるための積極的、持続可能な政策および効果的なプログラムを実行するためにクライズマン市長が設置したものです。このOSRは、市議会、健康・エネルギー・レジリエンシー・サステイナビリティ委員会、市の様々な局、ビジネス、コミュニティが公正で活気あるコミュニティを促進し、その恩恵を共有する革新的な環境問題への解決法を開発するために、緊密に働いています。

セント・ピーターズバーグ公約
セント・ピーターズバーグは、街の環境、経済、社会的な問題を訴えるために積極的、持続可能な政策および効果的なプログラムを実施すると公約しました。クライズマン市長は、サステイナビリティ・レジリエンシーオフィス(OSR)を2015年に設置しました。これは、他の実行力のあるオフィスと共同で活動します。他のオフィスとは、公衆衛生市議会、エネルギー、レジリエンシーおよびサステイナビリティ(HERS)委員会、市のさまざまな部局ビジネス、自治体がで、これらは公正で活気ある自治体を促進し、恩恵を共有するという革新的で環境問題への解決法を開発するためのものです。サステイナビリティ・レジリエンシーに関する市長の最近の執行命令はこちらで見られます。

セント・ピーターズバーグという市は、タンパベイ地域レジリエンシー連合にサインをしました。タンパベイエリアの少なくとも24の管轄区がこの連合に参加し、郡の境界線を越えて気候変動適応と軽減活動をコーディネートし、地元や地域のレスポンスを前進させ、気候変動の影響による経済や社会的な混乱に備えます。

さらに、クライズマン市長と、セント・ピーターズバーグ市は、他の何百という市が参加している温室効果ガス排出を減らすことを通じて気候変動に対応するという公約に参加しました。
・ 気候変動に対する市長の世界的な契約—シカゴ気候チャーター
・ アメリカの公約およびカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト
・ 我々はまだそこにいる
・ 100に備える

歴史
OSRを設置する以前、市は2008にフロリダで最初の「グリーンシティ」としてフロリダグリーンビルディング連合(FGBC)に認められました。市民と市のスタッフは、データを集めレビューのためにFGBCに応募書類を提出しました。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ