世界の緑化

メリッサ・ブレヤー
2019年11月7日


© archimede

植物や樹木をアメリカの工業地の近くに植えると、平均して大気汚染が27%まで軽減できたことが新しい研究が発見。

「テクノロジーのコントロールが増えても、大気汚染はアメリカ合衆国十で重要な懸念事項になり続けており、排出量を減らすためのパラダイム・シフトが必要であると提案し」、オハイオ州大学から新しい研究が始まります。誰かがパラダイム・シフトと言いましたか?素晴らしい。なぜなら煙突掃除のようなテクノロジーは功を奏していないからです。だったら誰を呼びますか?植物王国です。

「事実は、特にエンジニアとしては伝統的に自然を考えず、ただ何にでもテクノロジーをつぎ込むことばかり考えるということです。」とバビック・バクシ、オハイオ州立大学の化学薬品の教授であり生体分子吸着エンジニアリングであり、この研究の首執筆者は話します。彼はさらに、

「だから、重要な発見は、私達が自然を見つめ始め、自然から学び、自然を尊重し始める必要があることです。もしそうすればウィンウィンの機会があり―潜在的により安く、環境によりよい機会となります」


この結論にたどり着くために、研究者たちは年間のアメリカ合衆国の排出量と郡ごとにすでにある森林、草原、灌木地が現在の相当な排出量を吸い取るデータを観察しました。それから修復可能な植生、つまり「規定の郡を覆う植物を、その郡平均レベルにもたらす」が大気汚染のレベル、特に最も一般的なもので二酸化硫黄ガス、粒子状物質、二酸化窒素にどれくらいインパクトを与えるかを検証しました。その数字は驚くべきものです…植物の力を理解している人にはそれほどのことではありませんが。

「可能な場所の地面を覆う緑を修復することは、郡レベルの平均的な天蓋がSO2(二酸化硫黄)、PM(粒子状物質)10、PM2.5、NO2(二酸化窒素)の汚染を、粒子状物質の妨害とガス状物質の吸収を通して平均27%まで大幅に取り除くことができます。」と調査結果には述べられています。

もしこれが高額だと思われるなら、次のことを考えてみてください。彼らは郡の4分の3がテクノロジーのアップグレードより植物を使う方が大気汚染の軽減には安いと分析したと結論付けていることを。テクノロジーが唯一安い場所は、工場のボイラーの部分だけです。植物の力は、工場地、道路、発電施設、石油やガソリンの採掘地からの排出物のインパクトを鎮めることに役に立てるでしょう。

大気の質の低さによって引き起こされる肺がんや心臓病といったとてつもない健康被害、アメリカ合衆国に居住する人々の40パーセントが汚染と暮らしていることを考えると、これは非常に急がねばならないことです。

汚染の少ない産業を維持することが最善の解決方法ではありますが、植樹をすることは損害には決してなりません。木々は清浄な空気をもたらし、同様にそのほかにも多くの利益があります。植物や木のおかげでこのチームが別のものを得ることができました。でも私たちは実際に一緒に行動し、このシンプルだけど急進的なアイディアを喜んで取り入れられるでしょうか?私たちは自然を豊かにするより破壊することに、より没頭しています。

「私たちが興味を持っていることは、基本的にエンジニアリングが持続可能な開発に積極的に貢献することを確実にすることです」とバクシ氏は言います。「そしてなぜエンジニアリングがそれをしていないかという大きな理由は、エンジニアリングがシステムの領域外に自然を置き続けているからです。」

この研究、自然を基本にした解決方法は、アメリカ合衆国十の大気へ排出される物質を軽減するのにテクノロジーより勝っている、はEnvironmental Science & Technology誌で出版されました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ