世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2019年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:


© SFI - Pictured left to right: MAP program assistant Indya Hunt and MAP student Kyesha Brunson

学んだことを家に持って帰る
MAPは生徒たちに教育やキャリアパスの前への進め方を決定する助けになるだけでなく、彼らのコミュニティに彼らが学んだことを共有するようにデザインされています。MAPの学生ジェフリー・フワングは、カリフォルニア州、セリトスおよびロサンジェルス周辺の郊外における都会の天蓋リサーチプロジェクトを始めるために彼が経験したことから学んだことを使うことを考えています。

「このリサーチプロジェクトは、学生の故郷でより良い都会の土地管理をしようとするために利用されるでしょう。学生生活での考えや行動のタイプをインスパイヤする機会が持てたことは驚きです。私は、本当に短い時間で彼らが見せる驚くべき成長を見るのを本当に楽しんでいます。」とダウティンは言います。

教員たちは、学生たちがMAPプログラムに参加している間学ぶ、多くの学問的対人的スキルを誇りに思っています。ダウティンは、彼女が見た学生たちがたった数週間後に大きな進歩を遂げることに常に感銘をうけてきました。

ダウティンによると、「初めてここに到着し、森林に関するどのような方法でもない他の規律に興味をもつ学生たちの、ものすごい大きな成長を目撃する場がここにはあります。プログラムが終わるまでに、「私は本当にここにいたいと思っているのではない。私は本当にかや暑さと向き合いたくない」という最初の態度が、「いつ私達は原野に戻るの?私達をおいてあなたたちが原野に行くなんて不公平だ。」というように変わります。

パートナーシップの力
MSUに付け加えると、MAPプログラムは公的なものと私的な斡旋所、企業によってサポートされています・独立非営利持続可能な森林イニシアチブ(SFI)は、自治体の承認を通して貢献し、持続可能性をもって森林を管理することから価値や利益を得ている世界の視点を達成するのを助けるプロジェクトのことを信じています。

ロッコ・サラチナは、SFIのコンサーベーションパートナーシップのマネージャーですが、次のように述べています。「私達の森林の未来は、その将来に持続可能性を確実とするリーダーたちの輝きと同じくらいです。MAPプログラムは表に出てこない声を大きくし、新しい様々な才能に権限を与え、最高に眩しい日々はまだ来ていないのだという希望を与えています。」

「SFIのような組織からのサポートを通して、私達は複数の学生を受け入れ、森林とは本当に何かというとても広い入門的な体験を与えます。」とダウティンは言います。もっと持続可能性について、あるいは森林に商店を当てた解決法、若者たちへの機会、SFIのコミュニティ承認プログラムについてもっと知りたい方はこちら

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ