世界の緑化

サステイナブル森林イニシアチブ
2019年9月10日


© SFI - Pictured left to right: Kyesha Brunson and Faridevianey “Fari” Silva

持続可能な森林管理は、惑星が健康的であることと地球の繁栄を分け合うことを確実なものにする重要なツールです。しかし、持続可能な森林の将来的なリーダーがとても必要であるのに、関連する学位を追究しようと思う若者に障害が待っているのです。このミシガン州立大学(MSU)で行われている多文化徒弟訓練プログラム(MAP)は、それを変えようとするものです。このプログラムは持続可能な森林にかかわるキャリアを、その機会が十分にない高校生が実地で経験するプログラムとなっています。持続可能な森林イニシアチブとパートナーシップをもち、MSUは彼らの成功とプログラムの成功を共有したいと願っています。

MAPが橋をかける
MAPを通じて、ミシガンや合衆国のその他の州から来た高校生は、森林、自然資源管理、動物化学、その他関連する分野を探検する機会を持ちます。MSUの農学部と自然資源部がスポンサーとなって、MAPはフィールドワークと実験の両方を提供するプロジェクトにかかわる教授陣と各生徒をペアにします。

MSU森林准教授のアジア・ダウティン氏によると、「MAPは様々な農業分野や自然資源の分野の承認されたことから生まれました。それは多種多様な社会経済、人種、文化的なグループの人々についての提示が不足していて、とてもショッキングなものだったからです。MAPはこれらのコミュニティと大学の研究者たちのコミュニティの間のギャップの架け橋となっています。」

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ