世界の緑化

気候変動適応行動は、緑のインフラが氾濫原の復元、都会のヒートアイランド現象への対抗措置のための都会の緑のインフラなど、適応対策としてしばしば役立っているため、緑のインフラと密接につながりがあります。帰国変動への適応に関するEU戦略は、気候変動のインパクトに対してヨーロッパのレジリエンスを強める狙いがあります。それは

・加盟国による活動の促進:委員会はすべての加盟国に包括的な適応戦略を採択するよう促し、適応能力をつくり行動をすることを助けるガイダンスと資金を提供することになります。また、市長イニシアチブの契約に基づく自発的なコミットメントを立ち上げる街の適応を助けることになるでしょう。

・適応に関する知識でのギャップを明示し、ヨーロッパで適応情報を提供するワンストップショップとしてヨーロッパ気候変動プラットフォーム(Climate-ADAPT)をさらに開発することで、より良い情報を得て決定することを促進します。

・農業、漁業、首尾一貫した政策を通して、重要となる被害を受けやすいセクターに適応を促進ます。それはヨーロッパのインフラがよりレジリエントに作られることを確実にし、自然災害あるいは人災に対する保険の利用を推進します。

ソースは先週と同じ

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ