世界の緑化

緑のインフラストラクチャー戦略は欧州委員によって提案されましたが、EUじゅうに経済的、社会的、エコロジカル利益を実現し、持続可能な成長に貢献する緑のインフラを開発することを促進しています。これは、緑のインフラをEUで、地方で、国で、地域レベルで実施するためのガイドです。この戦略の主な目玉は、関連する政策に統合することです。それは、気候変動政策にエコシステムを基本とした適応、研究や革新的な政策に自然を基本とした解決、水政策に天然水保持基準統合することです。そして自然政策に複数のエコシステムサービスと底辺にある要因、豊かな生物多様性を実現することを焦点に当てることです。とりわけナチュラ2000ネットワークは、健康的なエコシステムで核となるエリアの多くを守る主要な働きをしています。

緑のインフラは多くの部門とEU政策課題で重要な貢献を果たし、欧州投資銀行(EIB)の構造基金(ヨーロッパ地域開発基金 ERDF)、ヨーロッパ社会基金(ESF)、結束ファンド(CF)、欧州海洋漁業基金(EMFF)、欧州農業農村振興基金(EAFRD)、ライフ+、ホライズン2020プロジェクト基金および自然資本融資ファシリティ(NCFF)を含む多くの資金の流れに統合されています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ