世界の緑化

概要
開始日 2017年第1四半期
資金源 コア
承認予算 1547万アメリカドル
ステータス アクティブ
主題分野 分野横断

プロジェクトの意義

地球気候リスクインデックス2016は、7000以上もの島々からなる群島フィリピンを、気候変動に対して最も脆弱な国々の一つであると認定しています。2009年以来、フィリピンはタイフーンアイアンのような、多くのフィリピンが所有するものや生命を失うことになった異常気象に幾度も見舞われてきました。気候変動の脅威を認識し、フィリピン政府(GoP)は、気候変動法2009の可決、気候変動コミッション(CCC)の創設、国家気候変動アクションプラン(NCCAP)の適用といった重要なイニシアチブをとってきました。CCCはリードポリシーで、気候変動問題を調整し、2010年以降GoPの主意である気候レジリエンスと包括的な成長を促進するためのプロジェクトを実施してきました。

以下にあるのが2014年の「エコタウンフレームワークプロジェクト(第一段階)のデモ」の実施で、GoP、CCC、GGGIが明らかにした重要性に対するものとして、「エコタウン スケールアッププロジェクト:地方レベルでの気候変動グリーン成長計画(第二段階)」が2015年に開始されました。第二段階は、気候レジリエントグリーン成長(CRGG)計画プロジェクトをより積極的に参照したものとなっています。

現在パラワンとオリエンタルミンドロ地方で実施されていますが、このプロジェクトは、地方自治体の体験から学んだことを規模を拡大させられるように、より広くカバーし地方経済を基盤としてより大きなものをターゲットにできるようにしています。技術的な支援が必要とするのは:CRFFの地方CRGG戦略を準備するための分析、国や地域政策の組織建て、選ばれた2地方が気候レジリエンスとグリーン成長プロジェクトを確実に実践できるよう助けるプロジェクト研究の開発です。知識を共有し地方の利害関係者たちの能力を開発することは、所有者たることと持続可能性を育てるために分野横断を介在するものになります。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ