世界の緑化

ロイド・アルター
2019年4月23日


© University of Toronto Press Release

かつて水平に広がっていた農地が上に伸びていくというのは、様々なレベルでおかしい

スカボローにキャンパスをもつトロント大学とセンテニアルカレッジが、the EaRTH Districtを宣言しました。

EaRTHは、環境(Environmental)と関連するテクノロジーハブ(Technologies Hub)を略したものですが、クリーンテクノロジー開発に焦点を当てたトロント大学スカボローで、知識と訓練所になるものです。パートナーシップの計画のなかには、カナダで最初のネットゼロの垂直の農園開発を通して、都市での食糧生産に革新的なテクノロジーを適用するというものです。提案されている垂直の農園…芸術的な建築物は、ごみ管理、クリーンエネルギー持続可能な建物のデザイン、治水、都市農業といった様々な分野における訓練と調査の研究をつくりだすでしょう。


ツリーハガーはしばらくの間垂直の農園で食事をして、私はそこに面白い転換を見てきました。シンガポールで腑に落ちる部分がありました。シンガポールは人々がたくさん住んでいますがあまり土地がないところだからです。


Toronto Archives/Public Domain

スカボローは反対に、現在トロントにありますが、それほど昔ではない頃までほとんど農園でした。キャンパス周辺の写真を探して見つかったのがこの写真で、これはダウンタウンにほど近いところのものです。現在ほとんどの場所が無計画に開発され、交通機関はほとんどありません。アダム・ステインはかつてマンハッタンの垂直農園が提案されたことについて次のように記しました。

ブルックリンはかつてアメリカで農業において最も生産的な地域の一つだった。マンハッタンはかつて数えきれないほどの工場が生まれたところだった。農園と工場がより適当な場所に急に移るには理由がある。このように都会の不動産を使うのは本当に無駄である。経済に対して悪く、また環境に対しても悪いのだ。地元の食品はそのメリットがあるが、ニュージャージーがそれだ。


そして、それがかつてのスカボローであり、現在4,782の農園を含むスカボローキャンパスの北部数マイルにあるグリーンベルトなのです。

グリーンベルトには、カナダで最も農業生産量の多い土地があります。そこは新鮮な果物、野菜、乳製品、牛肉、豚肉、そして家禽製品、ワインで表彰されるブドウが作られます。グリーンベルトにある農園で特別なものは、羊や子羊、マッシュルーム、メープルシロップ、園芸品(花や草木)です。


グリーンベルトは、常にデベロッパーに脅かされ、ダグ・フォード、プレミアオブオンタリオに開拓されるかもしれません。完成見取り図には、垂直農園の建物の右側に巨大な駐車場(描画上垂直農園よりずっと大きい)が必要となっています。それはダグ・フォードと亡くなった兄弟ロブが、本当だったら現在までに作られるはずだった軽快電車計画をつぶしたからで、一番上の写真にある建物の後ろに何千台もの脇道に入った、巨大な高速道路をおりた車があるのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ