世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月  2019年06月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

2019年3月11日

世界で最も持続可能な行き先トップ10が、3月6日のオープニングデーの最後にベルリンのITBで明らかにされました。100のトップの持続可能な行き先から、12の国際的な団体を代表する陪審によって44のファイナリストが選ばれていたのです。

この陪審は次のように勝者をアナウンスしました。

ITB地球賞 パラオ共和国
ベストシティ リュブリャナ(スロヴェニア)
ベストコミュニティ&カルチャー ゴゾ(マルタ)
ベストネイチャー ダッチクオリティコーストデルタ(オランダ)
ベストシーサイド トレリャ デ モングリ-レスタルティット(スペイン)
ベストエコツーリズム ガイアナ共和国
ベストアフリカ チュンべアイランド
ベストアジアパシフィック バルディア国立公園(ネパール)
ベストアメリカ ガラパゴス自然公園(エクアドル)
ベストヨーロッパ ポルトガル

行き先の重要な役割が最後に認識されました
ツアリズムの持続可能性を確実にするために国、自治体、保護地域を並べましたが、今までのところそれより大きなツアリズム賞において見えるようにするのは難しいものでした。そこでITBベルリンが1年に1度の持続可能トップ100賞イベントをホストしています。

受賞者すべてはこちらで見られます。

このイベントは、持続可能ツアリズム、BookDifferent.comほか10のトップ100 Organising partners に対するトラベルモールビジョンの支援とともにグリーンデスティネーションズが計画しています。


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ