世界の緑化

メリッサ・ブレヤー
2019年3月4日


© Catarina Belova

原因の一つである「自暴自棄」の増加によりアメリカ合衆国での余命寿命が短くなりました。

1871年以来、アメリカ合衆国は世界で最大の経済という特徴も持ち続けています。それは、先進のインフラ、テクノロジーそして豊富な天然資源のおかげの、世界経済の4分の1近くを集めた経済的なスーパーパワーです。

残念なことに
豊かさの全てが人々の健康になっているわけではありません。実際に、ブルームバーグ最も健康的な国指数の2019年版によれば滑り落ちています。

この指数は、喫煙や肥満のようなリスクでポイントを引き、余命寿命のような相対的な健康に注目してメトリックで169の経済を等級づけています。また、上水利用と下水のような環境要因も考慮に入れています。

では、どこが今年のトップになったのでしょうか?世界で14番目に大きな経済国であるスペインです。リストは次のようになっています。
1. スペイン
2. イタリア
3. アイスランド
4. 日本
5. スイス
6. スウェーデン
7. オーストラリア
8. シンガポール
9. ノルウェー
10. イスラエル

スペインはいくつかの理由で良いランクが付けられていますが、重要な要因の一つに、EUの中で出生時の余命寿命が最も高いことがあります。この点で、世界的に日本とスイスだけに引けをとっています。2040年までに、スペインは最も寿命の長い国になると予想されており(ワシントン大学健康メトリック評定研究所によれば、その寿命は86歳ほどで、日本、シンガポール、スイスがあとに続くとしています。)

ブルームバーグが指摘しているように、食習慣を看過することはできません。スペインとイタリアのトップ二国の栄養上のスタイルは、定義によって地中海ダイエットと呼ばれ、これは最も健康的な食の一つ(もし最高でなければ)であることが何度も明らかになっています。

アメリカ合衆国はどうでしょうか?世界で最も豊かな国であるアメリカ合衆国は?

35位です。

合衆国の余命寿命は、「自暴自棄」のせいで下がりました。CBSニュースが説明しているように、「薬物とアルコール、自殺、慢性的なアルコールによる病気—専門家にいわゆる「自暴自棄」と名付けられているものーが増えていることで、白人アメリカ人の命は平均でおよそ半年ほど短くなっています。」

私達は、キューバの下の5番目になりました。キューバは世界銀行の分類では「高収入」ではありません…が「アメリカ合衆国の病気の診断と治療に焦点を当てているのを越えた予防ケアを強調しています」とブルームバーグは記しています。

アメリカ合衆国はさらに非常な肥満問題を抱えています。アメリカ人白人成人の40%が肥満に分類されています。CDCによれば、「肥満—心臓病、心臓発作、タイプ2の糖尿病、予防できる早死のいくつかであるあるタイプの癌を含む関連の病状」です。

このツリーハガーの読者は、ここで私達がいつも予防ケアをいつも促進していることに気づくでしょう。なぜなら良く食べ運動をすることは、高価な病気や体調不良の集中的な治療よりずっと持続可能だからです。世界で最も健康的な国々は、このことがバックアップしているように見えます。

ブルームバーグで、明らかになったことについてもっと読めます。その間に、私はキッチンでパエリアを作りましょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ