世界の緑化

イラナ・ストラウス
2019年2月20日


© blew_s/Shutterstock

地球は木で私たちの炭素を吸収しています。

もし、人々が排出する炭素をすべて吸収するために新たに木を植えるとしたら、いったい何本の木を植える必要があると思いますか?考えてみてください。


© Anan Kaewkhammul/Shutterstock

1.2兆本

この数字は、教授でありUNのアドバイザーであるトーマス・クロウサーがはじき出した最少の数字です。彼と彼の同僚は、私たちが排出する炭素を吸収するためにどれだけの木を植えたらいいかを単純に計算するようにしたマシンを使いました。

「現在、400ギガトンの炭素があり、3兆本の木があります。もう1兆本、木を増やせば、大気から何百ギガトンも取り入れられるでしょう。‐人間が原因の10年分の排出量を完全に消し去ることになります。」と彼は言います。

植樹は素晴らしいことですが、私はまず木を切り倒すことを止める必要があるということを考えずにはいられません。一本の木を切り倒すと、私たちはそれに頼っていたエコシステム全体を破壊します。新しく植樹された木では、それを取り戻すことはできないのです。

そして現在、森林は縮小されています。アマゾンの森林がその一例ですが、ブラジルの畜産業のせいでひどく破壊されています。

「畜産は、それだけで世界で最も大きな森林減少の原因となっており、気候変動と闘ううえで災いになっています。」とサラ・ショラカ(グリーンピースキャンペーン家)は言います。実際グリーンピースは、家畜のための農場が、アマゾンの森林破壊の80%の原因となっていることを発見しています。

これを阻止するために法案の採択というのはありますが、個人ができることは、牛肉を食べる量を減らす、あるいは持続可能な「成熟した」牛肉に変える、(あるいは少なくともブラジル産の牛肉を買わないようにする)ことです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ