世界の緑化

アラミス ベラスケス
2019年2月5日



メディア・グリーンウッドは次のように書いています

屋上庭園と太陽光発電(PV)システムの統合によって、冷却や日陰効果による稼働方法と全般的な効果が上がります。数多くの実験結果から、その統合による肯定的な結果が得られています。例えば屋上庭園の表面と地面の温度は日陰になることで下げられ、冷却効果によってPVから得られる電力がより多くなっています。もしパネル周辺の微気候が暑すぎると、パネルは十分に機能しないかもしれません。屋上庭園は、パネル周辺の外気温温を25度近くに保つのに役立ちますが、それは太陽エネルギー発電のために理想的な温度です。


屋上庭園と太陽光発電は、私達の未来の一部になる

多くの専門間たちは、バイオソーラー(屋上庭園と太陽光パネル)テクノロジーが、環境、社会、経済的利点を広くもたらすことができると信じています。植物は建物の屋上の熱負荷を低くし、空調の必要性とコストを下げます。居住者の電気代を下げ、炭素フットプリントも減らします。

街でますます問題が悪化している場所確保では、屋根は居住者のエネルギー需要と、野生動物の住処のサポートに利用されるべき未使用空間というオアシスを提供します。

2015年バーチャルサミットのナタリー・バウマンとダスティ・ゲッジ「バイオソーラールーフ」ビデオをご覧ください。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ