世界の緑化

イラナ・ストラウス
2019年2月8日


© Courtesy of Pure Earth

化学物質は国境を気にしない。

ビジネスは、1つの国にしか税金を納めないでしょう。しかし汚染は国境を気にしません。風がどのように汚染物質を世界中で動かしているかを表す動画をNASAが作成したのを見てください。

ビデオ

白いものは、一般的に産業や穀物を燃やしたものから出るものを表しています。これら物質は人の肺に入り、心臓発作、がん、呼吸器系疾病やその他の問題を引き起こします。(赤いのは、砂のように大きい物質を表し、心配には及びません。)

「微細物質問題は、本当に本当に深刻な問題です。」とジーナマッカーシー(前EPAアドミニストレータでありハーバード気候・健康・地球環境センターのディレクター)は説明します。「これは本当に吸い込まないようにするべきものです。」

このメッセージその圧倒的であり希望もあります。つまり、私たちは遠くの汚染が自分たちを傷つけないふりをせず、そして私たちは自分たちの汚染が他の人たちを汚染しないというふりはできないということです。世界は、このはっきりとした問題に一緒に取り組む必要があります。‐個人でする方法が単にないのです。

私の友だちがかつて次のように言いました。汚染と取り組む最善の方法は、全ての土地を私有化することだと。そのようにすれば、土地所有者は自分の土地を守ろうとします。このセオリーの問題は、その汚染は誰がどの土地を持っているか関係ないことです。あなたが空気を汚染すれば、その汚染地域の家々だけに影響を与えるのではありませn。その汚染が捨てられた空気は、国中を回ってさらに地球上を回るのです。汚染近くの土地所有者だけが汚染の一部に取り組みさえすればいいことになります。

「汚染は本当に国境を知りません。」とマッカーシーは私に言いました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ