世界の緑化

Greencitiesはスマートシティ建設に関連する全てのエージェントのミーティングポイントです。未来の街について話し合うフォーラムで、持続可能でスマートな街の予測に焦点を当てた公共施設、地方自治体、ビジネス、専門家たちの間で共有されたイニシアチブです。

予測作成、個々のネットワークづくり、サービス提供、経験の共有とインスピレーションへの到達は、スマートシティ開発において可能です。未来を作るというどのような可能性もGreencitiesのなかで現実のものとなります。それは、未来の街をインスパイアし開発するのに役に立つ環境にあって、考えられうる全てのエージェントとネットワークを作るというユニークな機会があるからです。10回目のGreencitiesは、3月27日と28日にマラガ見本市および会議センターで開かれます。

時期と場所は?

日程:2019年3月27日および28日
エディション:10
頻度:毎年
タイムテーブル:午前9時から午後7時
性質:プロフェッショナル
領域:国際
場所:マラガ見本市および会議センター

テーマ
政府、市民の参加:電子管理、スマートツーリズム、アクセスの良さ、市民参加
エネルギー:再生可能エネルギー、エネルギー効率
経済:ファイナンシング、国際化、事業欲
モビリティ:電動モビリティ、自律性モビリティ、スマート輸送、都市モビリティ
環境:水、ゴミ管理、汚染
啓発:都市性、持続可能なリハビリ、建築
技術的解決:ICT、IoT、ビッグデータ、デジタルトランスフォーメーション、サイバーセキュリティ、4.0エコシステム、RPAS

アクティビティのエリア

Greencities 2018には、公共施設、自治体、企業、専門家といった参加者が話し合い、経験を共有し、接触し、未来の街についての提言ができるような異なったフォーラムや空間がありました。

ICTSと持続可能フォーラム
参加者:エキスパート、公共の個性、スマートシティセクターのリーダー
目的:未来を形作るビジョンとアイディアについて討論し共有する

新規事業のエレベーターピッチ
参加者:ビジネスと新規事業

目的:製品、経験、成功例、なんでも、将来役に立つものを共有する。市場のための新しい製品、考えやビジネスを見せる

国際的なグリーンシティ会議—IGC
参加者:ビジネスおよび研究者
目的:知識を増やす。スマートで持続可能な街における最新のものを紹介する。良き実践を促進する。

展示エリア
参加者:個人、公のビジネス、公共施設
目的:製品やサービスを紹介する。ブランドイメージを強化する

ネットワークづくり
参加者:街、公共団体、ビジネス、専門家
目的:協力し、商業的同意を得、新しいイニシアチブとプロジェクトを設定するためにオンラインツールで会議内容を決める

ネットワーキングランチ
参加者:ビジネス、公共施設、地域管理者、専門家
目的:シナジーを利用し、親しみやすい環境のなかでネットワークづくりの機会を増やす

連絡先
フォームや参加についてより詳しい情報を得るには:
Bárbara Gómez - bgomez@fycma.com - +34 617 39 00 13
María Villares - mvillares.ext@fycma.com - +34 626 37 53 91

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ