世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2019年01月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

サミ・グローバー
2018年9月6日


CC BY-SA 2.0 russf

「私たちは行動を起こすためにお金が出せるか?」は「私たちは行動を起こさないためにお金を出せるか?」になった。

 通常、全てのものを電化する可能性について話すと、または100%再生可能エネルギーにするという話をすると、誰かがそれは高すぎると突然大声で話し、議論をします。

 けれどもそれは間違っています。

 このように強く否定的な態度を取る人たちは、いつも破滅的なモラルや気候変動による社会的経済的潜在的なコストを安く見積もっており、また彼らは大型産業革命に恐ろしく多くのお金が使われていることを忘れる傾向にあるという事実を忘れてはいけません。

 実際、経済と気候に関する世界委員会の新しいレポートは、より低炭素経済へのより積極的な方針を取れば、2030年までに世界経済は26兆ドルも増加すると言います。5つの重要な領域‐エネルギー、街、食物と土地利用、水、そして産業‐に注目し、著者たちは、目の前にある機会を追うか、あるいは待って何もしないでいるときにかかる経費が費やされていくのにまかせるのか選べる重要な地点にあると議論しています。そのほか興味をそそられる利点として、レポートは次の機会を強調しています。

*2030年に6500万人以上の新たな低炭素の仕事を生む
*大気汚染による70万人を超える早期死亡を避ける
*1年に2.8兆ドルの歳入を生むことが見込まれる

そして、政策策定者は、炭素価格設定と開示にこれからの数年努力することに焦点を置くよう推奨しています。これは、持続可能なインフラへの投資、民間資本の解除と革新、そして公平さと「公平な移行」を確実にすることです。

前メキシコ大統領のフェリペカルデロンは、この委員会の名誉委員長ですが、次のようなレポートの約束をしています。

「これは単なるレポート以上のものです。私たちがどのようにより良い発展とより良い気候変動を現実にするかというマニフェストです。決然と法制定をし、革新し、管理し、より公正に、安全に、より持続可能な世界になるよう投資する時なのです。」

もし現在の世界のリーダーたちが同じようなレトリックで決定しさえすれば…

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ