世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月  2018年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キンバリー・モック
2018年9月28日


© Greenbelly.org

鉄道の高架橋から建物の間の道まで、私たちの街にはもっと役に立つ機能(手ごろな価格の家や公共の空間のような)に変えられる、生かされていない空間がたくさんあります。

このような都会の空っぽの場所は、グリーンベリープロジェクト―AVLスタジオと農業エンジニアカミル・ラサールのコラボ―のように、食料を育てる場所として使うこともできるかもしれないという提案があります。

現在クラウドファンディングが行われています。グリーンベリーは、地元の住民が食の安全の向上、農業知識の向上、コミュニティメンバー間のつながりを作ることができるのではないかという期待をかけられた、残りの都会のスペースを「生産性のあるセンターへ」変える垂直のガーデニングシステムです。このプロジェクトは食の砂漠のような問題に取り組むこともできると期待されている一方で、「すでに自然とともにある建築物」とのつながりなおしも期待されています。AVLスタジオの技術者アレックス・ロサダは次のように話しています。

 
私たちはグリーンベリーと共に、スペース、材料、都会の資源を再利用することで管理できるサイズの持続可能なプロジェクトを提案しています。私たちは街をより緑に健康にすること、必要な人々に食料を、子どもたちに食べ物の源泉を教えることができます。



© Greenbelly.org


© Greenbelly.org

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ