世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月  2018年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

収穫量の多い農業は、生物多様性にはより良いかもしれない
クリスティン・レピスト
2018年9月18日


Public Domain USDA NRCS Montana

何年か前、エコロジーの理由で、密度の高い生活、手足をあまり伸ばさない、より都会の―アパート―ライフスタイルを好むのがトレンドとなりました。より小さな空間に人々が寄り集まっていつづけることで、人間以外の種が自由にできる空間がより大きくなります。ロイドは、その動きをゴールディロックス密度(高すぎず低すぎずちょうど良い)を目標にしなければならないと指摘していますが、環境フットプリントが低くなることを証明しています。

しかし、グリーンコミュニティでの通説は、いまだに現代の農業技術は汚染放出、温室効果ガス排出、土壌のロスを増やすとしています。今や研究者は、伝統的な農業法対高生産のサステイナビリティについての常識を変えています。既存の研究は、生産された食料のユニットではなく使用された広さに関するインパクトを評価することで、伝統的な方法の利点を過大評価してきたかもしれません。

研究者のチームは、ケンブリッジ大学のアンドリュー・バームフォードに率いられ、英国、ポーランド、ブラジル、オーストラリア、メキシコ、コロンビアの17の組織から集まったメンバーで、農業法の重要な環境面を分析しました。共同執筆者であるシェフィールド大学のデビッド・エドワーズ博士は次のように書いています。

「オーガニックシステムは、従来の農法より環境的にずっとフレンドリーだとしばしば考えられていますが、私たちの研究ではその反対であると提唱しています。同じ量を生産するのに、より多くの土地を使うことで、オーガニックは、非常に多くの環境コストを生じるかもしれません。」

この研究は、地球規模の生産の大きな割合の部分を占める4つのセクターに焦点を当てています。つまり、アジアの米(90%)、ヨーロッパの小麦(33%)、ラテンアメリカの牛肉(23%)、ヨーロッパの乳製品(53%)です。そのメタ分析は何百もの調査を考慮に入れています。残念なことに、農業のパフォーマンスに関する多くの研究は、水や肥料の使用あるいは温室効果ガス排出のような「外部的」なものを首尾一貫して測ったレポートをしていません。

高い農業生産が、単なる利益や量よりより多くの利益を提供するかもしれないという発見に加え、このチームは、二つの重大な警告を報告しています。まず第一に、私たち農業のアプローチのギブアンドテイクに関して、より多くそしてより良い科学が必要です。第二に、もしその科学が、野生生物や生物多様性を守るために等しくウェイトを置かない集約農業法をもっと支援するためだけに利用されるなら、高い農業生産から得られる利益を認識することができません。

のどかな風景の流行おくれの農業が、私たちにテクノロジーではなく、歴史上の自然とのバランスがよりとれていると考えさせているかもしれない一方で、この研究は、環境的なパフォーマンスを定量化するより良い科学の必要性、さらに良い農業のポリシーの大きな必要性さえ証明するのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ