世界の緑化

サミ・グローバー
2018年8月24日


CC BY-SA 2.0 Lars Lindahl
無理だと言っている人たちへ…

スウェーデンは、冷めきってしまうずっと前に再生エネルギーターゲットを達成しましたが、ブルームバーグのレポートには、コストの効果的な再生可能の展開がどんなに速く進めたものについて書いています。

今年の終わりまでに、2030年のターゲットである一時間当たり18テラワットの再生可能エネルギー出力に到達するだけの十分な容量を増やすことになります。

再生可能やハイドロという現在ある国のベースを例に挙げると、2040年までに100%再生可能エネルギーという究極のゴールに達し、その動きは、政府助成の電気自転車全てが、地球やその市民にとって二倍の配当となることでしょう。

しかし、すべての人が幸せになるわけではないのならやる価値はありません。多くの人が気候変動の脅威をかわす必要性から対立があることを疑わない一方で、展開の急速なペースは、土着のサミトナカイ飼いたちの伝統的な土地に巨大な風力発電が侵食するという恐れを残しました。

より良い受益者計画、話し合い、風力発電のより同等な利益配分によって、このような土地利用のうえでの争いが処理されると良いです。しかしどちらにしても、スウェーデンの例は、国がその気になればクリーンテクがどんなに早く水平展開するかをはっきりと表したものでした。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ