世界の緑化

このように悪い状態ではありますが、少なくとも現在、汚染、土壌、菌根、木の成長、木の健康をつなぐ新しい詳細な研究分野を作るために利用できる信用できる調査があります。

第一執筆者のSietse van der Linde博士は、この調査の期間、国立・キューガーデンで働いていましたが、次のように言っています。「この研究は、木の健康と菌根の多様性に多くの新しい疑問を投げかけることになった。」

「この研究で明らかになった閾値は、どのように私たちが私たちの森を管理するのかということにインパクトを与えたはずだ。」とLaura M Suz博士(キューガーデンズのキング医学のリサーチリーダー)は付け加えています。「これから先、この新しい豊かな情報を利用し、私たちはキノコとこの大陸じゅうの森林についてのより広い視点を持ち、変化を大規模に動かすために直接的にテストをする全く初めての地下ベースラインとしてこの研究を利用し、新しいキノコモニタリングシステムをデザインすることができる。」

(少なくとも私にとって)大変驚くべき別の新しいポイントは、ヨーロッパの木とアメリカ合衆国の木の比較でした。私は常にヨーロッパは、環境規制においてより先進的であると考えています。しかしBidartondo博士はこう言います。

「この研究での主要な発見は、ヨーロッパの汚染上限があまりにも高いところに設定しているかもしれないということです。北アメリカの制限はずっと低く、私たちは、彼らがヨーロッパと同じようにするべきだという良い証拠を得ています。例えば、現在のヨーロッパの窒素制限は半分にする必要があるでしょう。ヨーロッパの木は、北アメリカの木と同じように忍耐していて、―そのキノコ類は単純にもっと苦しんでいるのです。

Sietse van der Lindeらによる「環境と外菌根菌の大きなスケールでの管理としてのホスト」がナイチャー誌上に発表しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ