世界の緑化

サミ・グローバー
2018年3月15日



CC BY-SA 2.0 Harrygep

アイルランドが公的資金を化石燃料に使わないようにする投票をしていると私が書いたとき、Colm O’Gairbhithはその動きを歓迎しながら、それ以外にたくさんできることがあると指摘しました:

アイルランドのエネルギーの91%は2014年に化石燃料から作られたもので、そのエネルギーの85%が輸入されており、現在の政策(2011年以来)による化石燃料からの移行は非常に遅いです。私はこの投票は素晴らしいと思うけれど、アイルランドは持続可能なエネルギーの将来という分野で先頭に立つには相当長い道のりだと思っています。


とはいうものの現在国は別の動きをしています。ビジネス・グリーン・レポートにあるように、この国は衰えない(たとえば二酸化炭素貯留のない)石炭による電力からの完全脱却を約束している国、州、地方政府の増えていくリストに加わったばかりです。アイルランドだけがクレアカウンティのマニーポイントに石炭火力発電プラントを持っていますが、これが遅くとも2025年までに閉鎖されることになっているのです。このような単独の約束は、投資家、規制者、産業のような自分自身の足元を掘ったり、不十分で時代遅れなインフラを下支えしようとする人たちがいずれ置いていかれることをはっきりさせることになります。

このアイルランドからの動きが、Powering Past Coal Allianceをオンタリオやワシントン州、オレゴンのような多くの州政府、混合での参加など27か国までにもたらしました。ビジネスグリーンはまた、政府が最近、脱炭素とエネルギーマーケットの改革のためのより広いアジェンダを明らかにしたとリポートしています。

これが、より大きなものとなる兆しであるように期待しましょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ