世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2018年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キンバリー・モック
デザイン/緑の建築
2017年12月28日


© Rural Urban Framework

自然災害の惨状の後の復興は、難しく、長い過程になるかもしれません。それは、配置でも、ネパールでも日本でも、家に近いところでもです。

中国の四川省の広元市に近いところに、農村都市フレームワークによっておよそ24軒の丁寧にデザインされた建物が建てられました。これは、2008年のここでの地震のあと、復興の一部として香港大学を拠点にした調査とデザイン協力によります。


© Rural Urban Framework

金台村のこの新しい建物は、2011年の地すべりと洪水が破壊した家々の再建として建てられ、レジリエンスを促進するために様々な戦略を組み合わせ、ジョシュア・ボルチョバーとジョン・リンにデジーンで説明しています。

デザイン戦略は、サイズ、機能、屋根の部分で異なる4種類の家を提供しています。これらは地元の素材、緑の階段状の屋根、バイオガステクノロジー、豚や鶏の収容施設の新しい使い方を実演しています。



© Rural Urban Framework


© Rural Urban Framework

家は相対的に単純です。打ちっぱなしのコンクリートにレンガの壁、窓は採光と通風の役に立ちます。さらに、グリーンルーフのあるコミュニティセンターもあります。しかし何が目をひくかというと、地元という場所で中国政府が計画している2030年までに農村に住む7億人の半分の人々を都市化する計画へ対応するように、スタジオデザインを反映し、より都市感を高めるために家々が構成され段々になっていることです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ