世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前月  2018年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

サミ・グローバー
交通/自動車
2018年1月4日


CC BY-SA 2.0 David Villarreal Fernández

ノルウェーは電気自動車への移行する国々からずっと離れていました。それは石油を輸出する国であることだけでなく、電気自動車を使うことで、国内消費が減るという非常に大きな副産物がもたらされるからでした。

昨日1つではなく2つの見出しが、私のレーダーで、小さなノルウェーがどれほど進んできたか光りました。まず、エレクトレックは、12月のノルウェーの新車販売の52%が電気自動車であったことをレポートしています。同時にクリーンテクニカは、この国が2020年の公式ゴールを達成したとレポートしています。これは最初に宣言したときにはとうてい無理だろうと思われていたものでしたが、人が乗る車の1キロメートル当たりの排ガス量を85グラムにするというものが3年早く達成されたのでした!

注目すべきは、ノルウェーが「交通からの排ガスゴール」を達成したという見出しは、次の2つの理由から、若干誤解を生んでいるということです。

まず、新車の1キロメートルあたり一人の乗客の排ガスについてのゴールですが、これはすべての車が同じではないことと、全体的な交通セクターが同じではないことがはっきりしていることです。一方で、多くの古いガソリン車は依然として道路を走っていて、それと同様に、公式数値よりずっと高いガスを出す新しいガソリン車も販売されています。ノルウェーの車すべてが85グラムのノルマを達成するには長い道のりでしょう。次に、ロイドが私にこのことを指摘するためにビールを一杯買ってくれると思いますが、車は(息つぎ!)、交通の唯一の手段ではないのです。

疑うべくもなく、ノルウェーでの電気自動車の売上増大の驚くべき速さは、見出しを
専有してきました。けれど、自転車スーパーハイウェイへの巨額投資からオスロが街の中心部から自動車を排除することまで、電気自動車での移動がより緑になり、氷河が冷たくなるということのただの先端であるという意味ではとても良い理由になります。首都は市民に電気カーゴ自転車を買うのに1,200ドルを提供さえしています。

さらに、トップの数はこの一面のニュースを盛り上げています。かつてノルウェーで人気のあったディーゼルカーは、今やセールスで最下位となり、微粒子排出物、スモッグ、カーボンブラックは減るだろうと期待されています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ