世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2017年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ミーガン トリーシー
エネルギー/再生可能エネルギー
2017年5月16日


CC BY 2.0 Tony Webster

ドイツは常に、世界の他の国々が再生エネルギーに関する約束が果たせてないような気にさせています。この国はいつも再生可能エネルギー投資でリストのトップに近いところに位置し、常にクリーンなソースからエネルギーのほとんどを得るように努力しています。

そのため、ドイツが最近4月の最後の週を通して再生可能資源からエネルギーの85%を確保という再生可能エネルギージェネレーションで記録を破ったという記事を読んでも驚くことはありません。4月30日の電気消費は、太陽、風、バイオマス、水力を混合したものでした。記録更新をしたクリーンエネルギーは、北部での風が多く天気の良い気候のおかげであり、南部の多くの太陽光と風をもたらす温暖な気候のおかげでした。

「ドイツの石炭を燃やして発電する発電所のほとんどが、4月30日日曜日に操業さえせず、国じゅうの電気の85%が再生可能資源となりました。」と、アゴラ・エネルギーヴェンデイニシアチブのパトリック・グライヘンは言います。「原子力は、2020年までに完全に段階的に廃止されることになっていますが、すでに非常に減っています。」

国のエネルギーヴェンデプログラムは、2050年までにクリーンエネルギー革命を起こすことを目標にし、2030年までにその波は本当に始まり、その2030年にはグライヘンは、2010年以来ドイツが投資した多くが結実し、主要あるいは完全に再生可能パワーの日々がノルマになります。

4月30日、グリッドの再生可能エネルギーの量が非常に多くなったので、実際のところ需要より供給が多くなったことで、電気は実際のところネガティブなものになりました。

ドイツは、EUの対応のほとんどの先を行っています。EUの国々は2020年までに再生可能エネルギーを20%にするという約束をしています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 10:14 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ