世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2017年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
科学/気候変動
2017年5月18日


CC BY 2.0 Jaknouse

ホワイトオーク、サトウカエデ、アメリカヒイラギなどどこにでもある樹木個体群の中心地が1980年以来、西に移動してきています。

アメリカ合衆国の西部は、金の採掘という魅力の土地になったり、ホレス・グリーリーの「西へ行け、若者よ。国とともに大きくなれ。」というアドバイスが発せられる前からずっと逃亡者たちを誘惑する土地でした。

そして今、木々さえもその誘惑に抗えないのです。

過去30年間にどのように樹木個体群が移動してきたかを見る新しい調査によって、明らかに木々が西へ移動したことが分かりました。The Atlanticレポートには、「アメリカ東部の森林のどこにでもある種のおよそ4分の3―ホワイトオーク、サトウカエデ、アメリカヒイラギを含む―が1980年以来、その樹木個体群の中心を西に移動した。研究された半分以上の種も、同時期に北へ移動した。」とあります。


How the center of tree populations moved from 1980 to 2015. (Fei et al./Nature Advances) /CC BY 2.0

木は自分のものを拾うこともしないし、左に何歩分か移動することもないので、個体群の移動は、苗木が新しい方角へ広がり、古木が背後で消えていくことによって時を越えて起こることなのです。

気候変動が落ち着いているので、環境学者たちは、寒さを好む動物や植物が温暖な気候から北へ逃げるだろうと正しく予測してきています。そのため、気が北へ移動していることはそれほどの驚きではなかったのですが、西部への移動というのは当惑の種なのです。

しかし研究者たちは、これは雨に関係があるだろうと信じています。

「異なる種の気候変動に対する反応は異なっています。広葉樹―落葉樹―のほとんどが、湿潤地域の西部への移動を追いかけています。常緑樹―針葉樹―は主に北へ移動しています。」とこの記事の執筆者であるパーデュー大学のソングリン・フェイ教授(林学)は話しています。

その他に、木が西部に移動することをそっと後押ししているものとして考えられるのは、土地利用の変化、山火事、害虫の到来があるかもしれません。そしてまた森林管理の努力もあるのかもしれません。しかしフェイ氏と彼の同僚たちは、少なくとも個体群のエリアでの変化の少なくとも20%は、人類によって引き起こされた気候変動の影響を非常に受けている降水量の変化によって引き起こされているとThe Atlanticには記しています。

データとして、このチームは合衆国森林局森林資源調査分析プログラムを根拠にしています。これは、大きな国有林から高速道路近くのところどころに植えられた木まで、市の公園や郊外の開発地の木すべてを追跡している木の国勢調査です。

「これはモデリングの実験ではなく、予測でもなく、これは実証に基づいたデータなのです。この研究は合衆国の東部全体の全てに注目しているのです。」とフェイ氏は言います。

そして、全ての広葉樹が西部に向かい、針葉樹の親戚が北へ向かう一方で、東部はどのような運命になるのでしょうか?研究者たちは、森林の重要な生態学界が崩壊し始めるかもしれないと言っています。森林は、異なった種の集まったもので、そのなかで互いに作用しています。その混在しているものを変えることは、その特別な原動力を壊すサインになるかもしれません。

「もしあなたにグループの友達がいて、その友達がみんな他の場所に移動したら―別の場所の大学に行く人がいて、フロリダに行く人がいて―そのグループは、おそらくバラバラになるでしょう。私たちは、この木のコミュニティがバラバラになるかどうかに興味をもっています。」とフェイ氏は言います。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ