世界の緑化


地雷除去兵―スーダンでは、およそ202の自治体でこのような問題に影響されている人々が130万人いると推定されています。

アラブ諸国地域における危機は、各国の始まり、歴史、度合い、複雑さで非常に異なります。

地質学と地理的に非常に多様なため、この地域は地震、乾燥、広大な湿地の移動、干ばつ、洪水、嵐、異常な気温、自然発生的火事、伝染病がおきています。気候変動は、この地域の水の希少さというすでにある問題を悪化させているようです。

ソマリアの国の機能停止のような危機、イラク、レバノン、パレスチナ自治区、スーダンでの長引く紛争が、多くの人々の移住、剥奪、系統的人権違反、人間発展への否定的な影響、人々のフラストレーション、怒り、暴力の蔓延へと導いてきました。

地域的、地質学的な力関係、権威主義体制、エスニック、宗教、部族の忠誠心が人々の自由や権利をそぐために組み合わせられました。統治と正当性の問題は集積され、結果としていくつかの場合オープンな紛争になりました。

2010年12月以来、アラブ地域は、平和的なデモ、市民運動、暴力的な紛争を通して未曾有の変化の波に直面してきました。若者に率いられたデモは、政治的な抑圧、経済的社会的不公正に不満を持っていることを露わにしました。そして、9ヶ月も経たないうちに、長期的な政権がチュニジア、エジプト、リビア、イエメンで交代させられました。シリアにおける市民の紛争の激化は、国境を越えて広がる可能性をもち、すでに不安定な地域を動揺させるだろうという懸念すべきこととなってきています。

どのように私たちはこれらの困難に対処するか
UNDPは国内外のパートナーと協力し、コミュニティーや国の暴力的な争いや自然災害を回避したり、軽減したり、扱ったり、助けたりします。私たちは次のようなことを、国とほとんどの国の地方自治体と協働しています。

・ 紛争予測地図、仲裁活動、国民対話を通して、紛争回避への支援
・ 安全保障、司法機関、地方統治システムや手続きを含む重要な統治や法の仕組みのルールを再建する援助
・ 暮らしの再建と経済の復帰の促進の支援
・ 平和的かつ安全確保の努力をしながら、また活動の開発を行いながら女性の役割の拡大
・ 自然災害のインパクトを軽減するための危険分析、早期警告および準備をする国家的能力の開発
・ 危機的状況にあるときに国のオフィスを支援するための、早急な危機対応の提供

危機の複雑さと強烈さ、現存する干渉のための対応能力と機会を基にして、UNDPは、政策的なアドバイス、技術支援、SURGE要領の準備および、触媒シード資金を含む包括的なサポートをその地域内にある国々に定期的に優先させています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 04:39 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ