世界の緑化

気候変動と環境破壊は、ヨーロッパや世界に対して実存する脅威です。これらの困難を乗り越えるためには、ヨーロッパは、EUを現代的で、資源の効率化、競争的な経済に変える新しい成長戦略が必要となっています。それは次の場面で必要となっています。
・ 2050年までに温室ガスの排出を正味ゼロのところ
・ 経済成長が資源使用から分離されているところ
・ 誰も、どこも置いてきぼりにしないところ です。

ヨーロッパ・グリーン・ディールはEUの経済を持続可能にするためのロードマップです。これは、気候と環境問題をすべてのエリアをまたいだチャンスに変えることによって、またこの移行を公正かつすべてを包括するものにすることによって成されます。

行動
ヨーロッパ・グリーン・ディールは行動を伴ったロードマップを提供します。それは
・ 動かすことで資源の効率化をクリーンで循環する経済に押し上げる
・ 生物多様性を復活させ、汚染をカットする
ためのものです。

これは、必要な投資と利用可能な財政ツールのアウトラインを示し、公正で包括的な以降を確実にするための方法を説明しています。

EUは2050年に気候中立になります。そうするために、私達は政治的コミットメントを、法的義務および投資のトリガーに変えるヨーロッパ気候法を提唱しました。

このターゲットに到達するために、全ての経済のセクターのアクションが必要です。そのすべてのセクターというのは
・ 環境にフレンドリーな技術に投資する
・ 革新をもたらす産業を支援する
・ よりきれいで、安く、健康的な私的、公的な輸送手段を展開する
・ エネルギーセクターから炭素を取り除く
・ 建物のエネルギー効率化を確実にする
・ 世界的な環境基準を改善するために国際的なパートナーと協働する

EUは、グリーンエコノミーを前進させることで最も影響を受ける人々、ビジネス、地域を助けるために、財政支援と技術的なアシスタンスも提供します。これは、公正な移行メカニズムと呼ばれ、最も影響を受ける地域に2021年から2027年の間、少なくとも1000億ユーロを動かす助けをします。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ