世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2018年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
2018年2月15日


CC BY 2.0 Black-grass in a barley crop. (Photo: WIkimedia Commons)

農薬の濫用は農薬に強いスーパー雑草を生み出します。これは作物生産性や食物の安全性にとって悪い話です…が希望の光であるかもしれません。

まず、抗生物質の裏をかき、敵に抵抗して進化しながらより強くなっていくスーパーバグズ、抗生物質に強靭なバクテリアというものがいます。これらは公共の健康問題に世界で最も差し迫った問題の一つになってきています。

そして今、スーパー雑草がうまれています。

研究者たちは、シェフィールド大学が主導するグループスタディで、除草剤のやる気をなくさせるケースを発見しました。それは英国の抵抗する草でした。それで彼らの結論とは?

「除草剤は、英国においてもはや作物生産性や食物の安全性をおびやかす草を管理できるものではなくなりました。それは、草は耐えられるように進化してきたからで、また将来行うべき管理は、化学に頼らないようにする戦略を取るようにするかということにかかっているからです。」

このチームは、英国で主要な農業上の雑草、ブラックグラスに注目し、英国内70農地での密集度をマッピングし、132の草原からタネを集めました。さらに雑草の多さと除草剤に対する耐性はどのようなことをしたからかということを全ての農地の歴史的な管理データを集めて確かめました。

「ロダムステッドで、私たちはサンプルとして集めたうちの80%が、小麦の間に生えるブラックグラスを管理するために使われた全ての除草剤に対して高い大勢を持つことを確定するために、グラスハウス生物検定法を使いました。」と研究協力者の一人でロダムステッドリサーチで働く雑草生物学者であるポール・ニーヴは話します。

研究によると、耐性は、どれほど除草剤が歴史的に頻繁に使用されたかと関係し、耐性の進化は除草剤にどれだけ晒されたかによって引き起こされるそうです。

「農地のモニタリングが、除草剤に対する耐性のレベルが雑草の密集度と関係していることを示しており、その耐性は英国におけるブラックグラスの拡大の主な要因となっていることを表しています。」とニーヴは話します。

農家が耐性の進化を避けるために、除草剤を変えたり順番に変えたりしても耐性は残っていることも分かりました。

植物の考え−それが雑草でも−、化学的死刑執行人の裏をかくことが、「ただの砂漠」のような方法としてはたしかに魅力的かもしれませんが、その根本に、私たちは食物供給をおびやかす雑草を生やさないようにする他の方法をとる必要があります。そしてもし「惑星を毒で犯している」論が除草剤の使用と対抗するのに十分でなければ、おそらく単純な事実として除草剤が役に立たないというのが対抗するのに十分な論となります。

そしてたしかに、研究者たちは現在の戦略が役に立たない事実を反映して緊急に変えなければいけない、その他の除草を使用する方法でも同じような運命になると現代の産業がアドバイスすると結論づけています。その代わりに、彼らは「農家は雑草管理戦略が除草剤依存度を低めるように変えるように、そうしなければ雑草がさらに新しいものも乗り越えるということは避けがたいだろう」と言っています。

(BRB、雑草を食べるヤギのチームに投資する。)
この研究はNature Ecology and Evolutionジャーナルに発表されました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:18 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ