世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2017年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キンバリー・モック
デザイン/グリーンアーキテクチャ
2017年6月8日


© Paisajismo Urbano

私たちの都会のビルに垂直の庭という形で生きている緑を添えることは、街を美しくするだけでなく、酸素をより多くつくり、空気を清浄にするという実用的な目的も果たしています。コロンビアのボゴタに、世界最大のサンタライア垂直の庭があります。これは集合住宅の33,550スクエアフィート(3117平方メートル)を覆い、地上9階(地下2階)あります。

ビデオへ

© Paisajismo Urbano

Paisajismo Urbanoの生物学者であり植物学者であるイグナチオ・ソラーノとGroncolという屋上庭園デザイン会社が協力して制作し、この垂直の庭プロジェクトは10種類計115,000本以上の草を目玉にしています。その草花とは、ヘベ・ミニ、オオミドリボウキ、ローズマリー、ツルニチニチソウ、スパティフィラムといったもので、壁のほとんどを覆っています。これらの自生草花のサンプルは、ソラーノチームがコロンビアの西海岸から採取し、育て、この垂直システムに植えました。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

この垂直の庭はPaisajismo Urbano社が特許をを持つ“F+P”水耕システムを使用しています。これは、一連の柱から成っており、それぞれが草木の独自のセグメントに付属し、草花に栄養が行き渡るようにする42の灌水ステーションが水をやります。この水はアパートのシャワーからの再利用水を利用することで、最小限の水道使用となっています。このシステムは、湿度や輻射熱のセンサーもあって、水が適量与えられるようにしています。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

プロジェクトチームによれば、この草花のカバーは推定700人分のカーボンフットプリントを相殺し、3,000人分の酸素を生み、745台分の自動車から排出される微粒子を除去するということです。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

これらの特徴のおかげで、デザイナーはサンタライアを「生きている建物」と呼ぶことができます。垂直の庭は、多くの場合、多くの草木を必要とする過剰建設の街へ少し恩恵をもたらことができます。この生きている草花の外側は日陰を提供するため、暑い季節には冷却にかかる負荷を軽減し、冬は建物の断熱材の一部ともなります。大気汚染注の重金属やその他の微粒子は除去します。より大きなスケールで考えれば、垂直の壁を備えたビルが増えれば、ヒートアイランド現象を軽減することもできます。また生物多様性を促進し、このような緑すべてが地域の生物の住み家を提供することもできます。


© Paisajismo Urbano

このアイディアは街に住むことをどう感じるか、それを変えることだったと、Groncolのマネージャーであるパブロ・アトゥエスタ言います。

設計者の(Exacta Proyecto Toal)は、本物の草花で緑のレイヤーとなった一つのまとまりを創り出すつもりでした。彼は、一種類だけの草花を使いたがったのですが、それはリスキーだったので、緑のトーンと草花のボリュームで統一感を与える異なった種類の植物でいくつかのプロトタイプをつくりました。建物は居住者の快適さと幸福感にもなるべきで、デザイナーは、ボゴタで感じる過密都市環境に住んでいるのにそう感じることのない、草花に囲まれているという感覚を必要としたのです。


さらに詳しいことは、Paisajismo UrbanoおよびGroncolをご覧ください。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::緑の壁 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


プロジェクト名:Neskuchnyi レストラン−Нескучный сk
完成年:2011年
所有者:Neskuchnyi Sad
所在地:ロシア連邦クバーニ地方ロストフ・ナ・ドヌ
建物のタイプ:商用
タイプ:リビングウォール、テスト/研究調査
システム:単一資源供給
サイズ:258平方フィート
傾斜:100%
立ち入り:立ち入り可能、公開
情報提供者:ReStenia 総支配人 Assia Anistratenko

記録上の設計者/施工会社:
緑の壁の設計、設置、メンテナンス:Rastenia
緑の壁システム:Fytowall
Fytowall提供:RaStenia

  

2011年、ロストフの中心地Neskuchnyiレストランに都会の緑の園が現れました。ここはビジネスミーティングやロマンチックなデート、旧友と会う場所としてどのような場面にも利用できます。好きな食べ物を外の気持ちのよいカウチや椅子に座って楽しむもよし、屋内の折衷的な中央の装飾品でありながらエレガントな装飾としての美しい緑の壁のある静かで軽く、居心地のよい雰囲気で楽しむもよし。レストランの伝統的なもてなしと一方で先進的なメニューは、様々なヨーロッパとアジアの普通では味わえないコンビネーション料理を提供しています。

緑の壁のアイディアはNeskuchnyiレストランの所有者によって提案されました。彼はそのプレミアブランドに合う豪華で独占的なものにしたかったのです。インテリアは完全に新しい緑のデザインと一緒に改装されました。

新しいレストランホールに2011年に設置されたこの青々とした24平方メートルの水栽培は、ロストフ・ナ・ドヌという南ロシアの街で初めての緑のデザインの要素になりました。パトリック・ブランにインスパイアされた緑の壁(客にリクエストされた)の美的影響の必要性に付随して、壁の植物を育てる人たちは、地元の植物を育て、植物の選択に美的影響を反映させ、メンテナンスの技術を獲得しなければなりませんでした。

困難だったのは、水が地域の農業状況のため非常に重い鉱水であることが分かったことです。その他には、所有者が異なったムードにしたり、映像を変えることでイベントをハイライトするために現在うまく利用している、緑の表面に埋め込まれたプラズマスクリーンを設置することでした。契約者(RaStenia)のチームは、現場に2週間滞在し、さらにその後の訪問1回し、植物に問題がないようにするための植物管理者と一緒にまる1年間の電話サポートもしました。

 

2011年11月30日に完成した緑の壁には、4.5メートルの高さで800以上の植物が植えられています。これはRaSteinia技術で行いました。PVCフレームは、パイプ、汚水と水濾過を付加した基板としての毛管のマット材料です。また、それは通電しなくなったり充電されていなかったときに私達に知らせるGSM-アラーム装置につながっています。プロジェクト全体は、構成初期から施工まで2ヶ月を要しました。

2年が経過した2013年12月現在、この大きな植物の展示物はいまだにレストランを訪れる人々全てにとって目の保養になり、カップルやすばらしい家族の祝い事や会社でのイベントのための静かな夕食にぴったりの背景になっています。「印象はすばらしくよく、訪れれば、すぐにラグジュアリー感に圧倒され、またリラクゼーションできます。」と人々は言っています。これが長持ちすることを願っています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::緑の壁 | 12:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
執筆者:ロイド アルター
デザイン/緑の建築
2014年1月23日


© Hiroyuki Oki via Designboom

TreeHuggerでは、少し前に建築家Vo Trong Nghiaによるホーチミン市にある驚きの家について紹介しましたが、今回は「デザインブーム」が素晴らしい写真家Hiroyuki Oki氏が撮ったその家の見事な写真をもたらしました。彼らは次のように書いています。

建物の正面と裏のファサードは、重ねられたコンクリートのプランターが全体を構成しています。この植物は居住者を直射日光から守り、同様に隣接する道路からの空気汚染からも居住者を守っています。この緑は近所から見ることができる屋上テラスの庭につながっています。環境的観点から、このデザインはベトナムの熱帯の季節に建物の自然なベンチレーションと冷却を可能にしています。


© Hiroyuki Oki via Designboom

これは1400年代に遡る、チューブハウスと呼ばれる伝統的な家の現代版です。

その他の写真はこちら

セクションの図
人々は家中どこからでも、陽光に照らされている緑を感じることができます。

原文はこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::緑の壁 | 09:43 PM | comments (x) | trackback (x) |


グランドラピッズ ダウンタウンマーケット リビングウォールズ
プロジェクト名:グランドラピッズ ダウンタウンマーケット リビングウォールズ
完成年:2013年
所有者:ダウンタウンマーケット inc.
所在地:アメリカ合衆国ミシガン州グランドラピッズ
建物のタイプ:商用
タイプ:リビングウォール
システム:単一資源供給
大きさ:832平方フィート
傾斜:100%
立ち入り:立ち入り可能、公開
情報提供者:LiveWall

記録上の設計者/施工会社:
緑の壁システム:LiveWall
設計者:Hugh A. Boyd
リビングウォール植物パレットとレイアウトのデザイン:Progressive AE所属Pete LazdinsoyobiMichelle Hoffner
緑の壁供給:LiveWall, LLC
一括請負者:Pioneer Construction



3,000万ドルの開発となったグランドラピッズ・ダウンタウンマーケットは、生産、配給、マーケティング、地元産についての教育をする複合的に使用される施設です。施設内部は、24の販売店があるマーケットホールを特徴としている一方で、何十もの農家や職人が外部のアウトドアファーマーズマーケットに軒を連ねています。ダウンタウンマーケットの創設者は、地元に対する公約である持続可能な生産品を反映した緑の施設というビジョンを持っていました。アメリカ合衆国にある最初のLEEDが意図された緑のマーケットとして、デザインチームは、緑の建物の基準に合う製品を注意深く選びました。

2013年5月は、LiveWallシステム、総面積832平方フィートを設置しましたが、100パーセント植物が生き延びられる持続性を高めながら、頑丈で永久的な植物を植えたエクステリアブロックの壁を3つのセクションに分けて設置しました。大きなグリーンウォールは西向きに、2つの小さな壁は南向きに、そのうちの一つは入り口へ向かっていく道と入り口付近にあります。外部のリビングウォールは、おそらくミシガン州の中では最大のものでしょう。

グランドラピッズ・ダウンタウンマーケットには現在、リビングウォールを補うものとして緑の屋根があります。LEED認証を維持しながら、ダウンタウンマーケットの生きている屋根チームは、シームレスの植物を備えた屋上を覆う持続可能なエコシステムを設置しました。2013年6月28日に1,200平方フィートのリビング・グリーンルーフの設置が完了しました。マーケットの4.25インチのLiveRoofハイブリッドグリーンルーフシステムは、だれでも立ち入ることができ、訪れる人やスタッフにリラックスするスペースを提供し、黄色、緑とピンク、また赤と紫という3パターンの植物が入り混じっているのが特徴となっています。

通りがかりの人はマーケットプレイスの屋上に緑の屋根があることを知らなくても、リビングウォールを見逃すことはありません。



「魔法にかかったかのように美しく、通りかかった人たちは文字通り足を止めてその印象的に美しいディスプレーに心を打たれます。」とLiveWallとLiveRoofのビジネスデベロップメントディレクターであるAmbor Ponceは話します。このLiveWallとLiveRoof社は緑の屋根とリビングウォールでの市場をリードしているSpring Lakeをベースにした兄弟会社です。「今が一年中で一番の花盛りで見頃ですよ。」

LiveWallのデザインチームは、プロジェクトの設計者たちの考えを器用に確実に実現化するために設計者たちと一緒に作業をしました。緑色の植物の壁のコラージュはダウンタウンマーケットの建物のデザインを補うための設計者Hugh Boydのプランの一部でした。グランドラピッズは、Pete LazdinsとMichelle HoffnerというProgressive AEのデザイナーたちのデザインをベースにし、LiveRoofとLiveWallシステムのセレクションがそれをアシストしました。地元の一括請負者であるPioneer Constructionはマーケットを建設しましたが、リビングルーフ社が設置を監督し、それは基契約者であるModern RoofingのDorrが完成させました。

地元生まれの地元で育てられた植物は、ミシガン産のアルミニウムの柵と型込のプランターと共に、マーケットの所在するところから30マイル圏内で育った壁と屋上の植物のあるマーケットのエトスの要素なっています。全体として、両方のシステムはプロジェクトの200マイル圏内にある資源だけをほぼ使って作られたのです。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::緑の壁 | 03:13 PM | comments (x) | trackback (x) |


記事投稿者:Bonnie Alter
デザイン/都市デザイン
2013年9月13日

ロンドンにあるパレスホテルのルーベンスが、街で最大の緑の壁として受賞します。350平方フィートで高さ21メートルを覆っています。それは、1912年からの歴史的建物の一面である2つの垂直の部分です。



作成には2ヶ月を要しました。キンポウゲ、クロッカス2種類といちご、春咲きの球根植物と冬ゼラニウムといった、蜂、蝶、鳥が集まる植物を含む10,000種が植えられていると言うことです。四季折々の色を見せ続けることになるはずです。できたばかりなので、現在は紫色の花がわずかに見えます。

16トンもの土を支えるこれをつくった作業員たちの働きが成功していることを願いましょう。



これはこの地域の環境を向上させる市民の努力の成果です。ヴィクトリアは,
一刻一刻とより高層なビルが建つロンドンの下町という非常にせわしなく混雑したところです。

新しい緑のエリアの主な目的は、都市の洪水を回避することです。これは、表面がとても固く雨水が地面に吸収されず洪水になるとき、下水道のバックアップになります。



地表での吸水力がないので、地元Business Improvement agencyは、もっと緑の空間を開発するよう促しています。政府はより多くの緑とより持続可能な環境に加わる壁をデザインするための資金を提供しました。

Green Roof Consultancy社のデザインで、壁として最多10,000リットルまで貯めることができる特別なタンクも含んでいます。その貯水タンクは、壁づたいに植物に肥料をやる水を流します。



1912年からあるこの建物には魅力的な歴史があります。

1912年は、

 タイタニック号が沈み、スコット大佐が南極に到達し(アムンゼンが35日でうちやぶったけれど)た、女性解放運動が新しい窓破りキャンペーンを始め、96人の支援者が庶民院を襲撃したあと92人の支援者が逮捕された年です。このホテルは、社交界に初めて出席する人たちやバッキンガム宮殿での行事に出席する人々の間ですぐに人気になりました。第二次世界大戦中、シコルスキ将軍のフリーステートであるポーランド軍がここを引き取り、本部として利用しました。また戦時中、亡命中の政治家であるチャールズ・ド・ゴール将軍、自由フランス軍のリーダーもここに滞在しました。



けれども最も素晴らしいのは、地下鉄の駅側にあるこれです。2011年に設置され、過去2年花が咲き乱れ、芸術的作品となりました。これは一連の緑の尺度の一つであり、排気ガスからの汚染を減らす為に紹介しています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::緑の壁 | 05:20 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ