世界の緑化

キャサリン・マーティンコ
リビング/カルチャー
2017年6月23日


CC BY 2.0 Alan Levine

人類はこれらの発明を誇るべきです。地上でおだやかに効率的にクラスことができるようにしているからです。

1999年、アメリカ人の科学者でありライターであるドネラ・メドウズは、「世界の7+持続可能な驚異。」という素晴らしい記事を書きました。そこに、彼女は最も基本的でありながら革命的なテクノロジーのいくつかについて書きました。それは地上で人類が穏やかに暮らすことを可能にするものです。オリジナルコンセプトは、シアトルのノースウェスト エンバイロメント ウォッチのディレクターであるアラン・ダーニングの本にあります。

およそ20年後である現在、そのリストは、ストーリーオブスタフプロジェクトが拡大し、Facebook(それが私が最初に見たものでした)にポストし、読者により持続可能な驚異について討論するように頼みました。

では、何がそのリストに載っているのでしょうか?

自転車−最も効率的に移動する手段として発明され、世界中の人口の80%の人が買うことができるものだからです。ちなみに、自動車は1999年現在では10%の人しか買うことができませんでした。

物干し用ロープ−太陽エネルギーを使い、自転車よりさらに手に入れやすいからです。

シーリングファン−ほんのすこしのエネルギーで効率的に部屋を冷やすことができるからです。「1つのファンで華氏9度涼しく感じるようになります。実際より涼しく感じることができます。典型的なシーリングファンは、75ワットより多くの電力を使うことはありません。それは白熱球1つとほとんど同じで、エアコンの10分の1だけです。

コンドーム−人口増加をコントロールし、病気から守るからです。

公立図書館−世界に情報を提供(インターネットのある現在では以前より重要性が下がりましたが)し、持続可能性の観点からみると、私が思いもよらなかったことですが、「1冊の本は、貸付を10分の1にするだけでなく、一読あたりの紙の使用量を10分の1にします。」

パッタイ−最も基本的でシンプルでありながら麺、野菜、少々のタンパク質とソースの魔法のようなコンビネーションである「田舎料理」を代表するものだからです。どの文化にも、大勢の人が比較的かんたんに安く栄養豊かに食べられるそれぞれのバージョン(米や豆)があります。

てんとう虫-植物をダメにするアブラムシを化学的な殺虫剤よりずっと効率的に取り除くパワフルな自然のものだからです。明らかに、これは「発明」カテゴリーには入らないのですが。

メドウズは、このリストにさらにいくつかの持続可能驚異を追加しました。それはサリー(長く、多目的な布)、かご(1999年現在ではまだ手作りで、完全に生分解性だった)、ルートセラー(食料を長期間、冷却するのにエネルギー消費をせずに貯蔵することができる)。彼女は次のように書いています。

「これらに共通するものはなんでしょう?地球と人への優しさが、持続可能リストに乗る資格です。これらは誰の手にも届き、手に入れるのも維持するのにもお金がかかりません。このなかの多くが、実用的であるだけでなく美的な要求にも応えています。目、味覚、魂を満足させます。コンセプトの面ではほとんどが古いものですが、現代版になることもできます。多くの異なる文化のなかでそれぞれが変化しています。ほとんどが、あなたに買えるもので、地元の生産者が作ったもので、複数企業が作ったものではありません。」

読んでいる間にいくつかの感情が湧き上がる素晴らしいリストです。久しぶりに、地上の人類を誇りに思い、単純でありながら生活を変える発明(てんとう虫を除く!)を思いつく独創性を持つ人類を誇りに思います。さらに、もしこのような基本的なテクノロジーが人生でこのような変化を起こす力持っていると考えると、希望も感じます。私たちが現在走っている破壊的なコースから離れることができる、その他の古代の発明を思いつく(あるいはよみがえらせる)でしょう。

ストーリオブスタフの質問に戻りましょう:あなたなら何をこの持続可能な驚異に足しますか?

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


レジリエンスイニシアチプのためのオープンデータ(オープンDRI):ベトナムのカントーのためのコミュニティマッピング

提供者:世界銀行 期間:2017年 場所:ベトナム

 カントーシティはベトナムの三角地帯の社会経済開発において主要な役割を果たしています。市は、輸送、テレコミュニケーションシステムを通して地域が連結することを活発に支援し、三角地帯全体に利益となる発電、産業、水路のための重要なインフラ設置を主導しています。

カントーは、様々なストレスに弱い部分もあります。そのストレスには、都市洪水、海面上昇、嵐のような自然災害があります。管理せずに急速に都市化すると、コミュニティに新たなストレス、インフラ、環境をもたらします。都市レジリエンスを構築するために、地方自治体は、気候変動と災害リスクマネジメントを市の計画に統合する必要があります。

呼応して、世界銀行と防災グローバルファシリティ(GFDRR)は、よりレジリエントな都市システムを構築するためのプログラムであるカントー都市開発、およびレジリエンスプロジェクトを規定するためにカントーシティをサポートしています。このプロジェクトはオープンDRIが地域的なオープンシティプログラムの一部として実施され、カントー都市開発とレジリエンスプロジェクトの一面である洪水リスクマネジメントシステムを繰り入れることになります。

このレジリエンスイニシアチブに向けたオープンデータ(Open DRI):ベトナムのカントーのためのコミュニティマッピングプロジェクトは次のことを必要としています。それは、基礎空間的なデータ層の作成、関係者への結果として生じるデータ管理の訓練、テクノロジーとデータ収集法を備えた技術的に優秀な長期的なセンターになり得る研究所の設置です。

現在あるインフラと人口統計を理解することは、気候変動を将来的に見越して適応し、洪水のリスクを減らすための投資に重要です。コミュニティは、この知識を蓄積し更新するなかで非常に大きな役割を果たしており、オープンで参加型の方法のなかでデータを収集し分配することは、効果的なレジリエンス計画の基礎となります。特に、詳細な地元地域の計画を作るときの基礎となります。

信用度が高く、自由に利用でき、使用者にとって使いやすいコミュニティマッピング資源、オープンストリートマップ(OSM)を紹介することは、カントーに置いて将来的な開発の道筋を図にするときに重要で創造的な付随サービスになります。OSMはコミュニティと進められた計画のデータや都市開発に行き先を示すことができる、都市インフラ、自治体の資産、人口統計、被害にあいやすい地域に関する地理空間とコミュニケーションをとることができます。

カントー地方のために全般的に開発されたOSMコミュニティマッピングポータルは、詳細な道路、排水ネットワーク、固形ゴミ収集、運送ネットワーク、まだ残っている空き地、マーケット、市の地区制、セーフガード、被害を受けやすい人口統計の所在地、洪水になりやすい地域、公害リスクの地域、気候変動シナリオでリスクがある地域といった地図の層が含まれることになります。このOSMポータルの作成は、コミュニティの約束、データ収集とGIS分析能力のコンビネーションを必要とします。

地方自治体と関係者のなかに、これらマッピングツールと能力を位置づけることで、効果的なガイド計画、実施、モニタリング、適応、市全体の持続可能な開発のために欠くことのできない資源をつくります。

このプロジェクトは並行し、統合された過程に接近して実施される4つの部分から成っています。
1.フィールド調査やデータ管理の支援
2.SDIと市の内部に付随するデータの使用
3.自治力を高め、地元マッピングコミュニティを促進し
4.コミュニケーションをはかり、援護する

目的:
・ カントー市のための詳細な気候の影響を受けやすい地域、土地利用、輸送、洪水データセットをコミュニティメンバーと一緒に作る
・ 自治体、地元大学、市民社会のグループの中で使用するマッピングデータを設置すること
・ 自立を助け、使用目的のマッピング研究所の創設を通した地元マッピングコミュニティを開発し、マッピングツールとデータのために貢献し、またこれらを周知し、
・ 毎月更新するブログ、ビデオ、その他周知するための活動を通してコミュニティマッピング作業を促進する

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローバー
ビジネス/企業責任
2017年5月16日


CC BY-ND 2.0 Land Rover Our Planet

企業、市民、政府がトランプ政権にパリの気候条約を守るよう促し続けているなかで、新しい分析が、気候に否定的な意見を唱える人々の主要な反論をなくしています。

それは、中国とインドが、気候目標を実際に何年も早く達成しているというものです。

気候アクショントラッカーによれば、少なくとも2つの国での石炭消費量の減少が、トランプ大統領の下のアメリカ合衆国が気候変動への対策のスピードダウンを十分「帳消し」にできるだろうとのことです。例えばインドは、2030年までに2005年の33〜35%排出量を下げると約束しました。新しい分析では、2030年までに42〜45%までになるだろうとしています。

気候分析家のビル・ヘアは、次のような重要なことを述べています。

「5年前、インドや中国が石炭利用をやめる、あるいは少なくするという考えは、到底越えられないハードルだと考えられていました。この国々にとって石炭による火力発電がエネルギー需要に対応するために必要なものだと多くの人が思っていたからです。最近の調査結果では、この2つの国が、この難曲を乗り越える道程にあることが分かります。」

だからと言って、この分析によって私たちは何もしなくて良くなるわけではありません。「帳消しにする」という事実は、アメリカ合衆国が世界(他の国々がステップアップしていると考えれば)に対して約束を破るという意味にしかならず、私たちはやはり条約の下に設定されたゴールに向かう道のりにいつづけなければいけないのです。しかし、このゴールは安全なレベルになるための警告を限定する機会がどこにあるのか、私達にはまだ分かりません。

中国が電気による輸送にも本気になっていること、インドが2030年までに全ての自動車を電気自動車にするという計画も上がってきているという事実から、石炭の燃焼量の減少が、両国の経済の他のセクターに移行するだろうと考えられます。そして、リーダーシップのバトンを拾った国として、非常に広い世界(アメリカ合衆国を含む)はこの国々についていかないわけにはいかないのです。

実際、例えば昨日すでにそのようなことは起きました。韓国の新しい大統領は10の大きな石炭発電所を閉鎖することにするのだそうです。同時に、より多くのビジネスと街が100%再生可能エネルギーへ移行するよう全力を傾けます。

アメリカにリーダーシップが4年、あるいは2年後にすらあるかどうか誰にも分かりません。なんということか!今日の見出しを昨日予測することも難しかったかもしれません。しかし、化石燃料からの移行は、その軌道からはずれることのできないところにまで来ているのです。

私たちはただ、そのスピードを上げなければいけないのです。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

地雷除去兵―スーダンでは、およそ202の自治体でこのような問題に影響されている人々が130万人いると推定されています。

アラブ諸国地域における危機は、各国の始まり、歴史、度合い、複雑さで非常に異なります。

地質学と地理的に非常に多様なため、この地域は地震、乾燥、広大な湿地の移動、干ばつ、洪水、嵐、異常な気温、自然発生的火事、伝染病がおきています。気候変動は、この地域の水の希少さというすでにある問題を悪化させているようです。

ソマリアの国の機能停止のような危機、イラク、レバノン、パレスチナ自治区、スーダンでの長引く紛争が、多くの人々の移住、剥奪、系統的人権違反、人間発展への否定的な影響、人々のフラストレーション、怒り、暴力の蔓延へと導いてきました。

地域的、地質学的な力関係、権威主義体制、エスニック、宗教、部族の忠誠心が人々の自由や権利をそぐために組み合わせられました。統治と正当性の問題は集積され、結果としていくつかの場合オープンな紛争になりました。

2010年12月以来、アラブ地域は、平和的なデモ、市民運動、暴力的な紛争を通して未曾有の変化の波に直面してきました。若者に率いられたデモは、政治的な抑圧、経済的社会的不公正に不満を持っていることを露わにしました。そして、9ヶ月も経たないうちに、長期的な政権がチュニジア、エジプト、リビア、イエメンで交代させられました。シリアにおける市民の紛争の激化は、国境を越えて広がる可能性をもち、すでに不安定な地域を動揺させるだろうという懸念すべきこととなってきています。

どのように私たちはこれらの困難に対処するか
UNDPは国内外のパートナーと協力し、コミュニティーや国の暴力的な争いや自然災害を回避したり、軽減したり、扱ったり、助けたりします。私たちは次のようなことを、国とほとんどの国の地方自治体と協働しています。

・ 紛争予測地図、仲裁活動、国民対話を通して、紛争回避への支援
・ 安全保障、司法機関、地方統治システムや手続きを含む重要な統治や法の仕組みのルールを再建する援助
・ 暮らしの再建と経済の復帰の促進の支援
・ 平和的かつ安全確保の努力をしながら、また活動の開発を行いながら女性の役割の拡大
・ 自然災害のインパクトを軽減するための危険分析、早期警告および準備をする国家的能力の開発
・ 危機的状況にあるときに国のオフィスを支援するための、早急な危機対応の提供

危機の複雑さと強烈さ、現存する干渉のための対応能力と機会を基にして、UNDPは、政策的なアドバイス、技術支援、SURGE要領の準備および、触媒シード資金を含む包括的なサポートをその地域内にある国々に定期的に優先させています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 04:39 PM | comments (x) | trackback (x) |


間氷期には通常、地球は比較的安定した気候パターンと、生物多様性の発展と、成長したエコシステムの進展を謳歌していますが、それが変わってきています。異常気象が起こり、氷河や極の氷が解け、メタンの大きなプルームが海洋のクラスレート沈殿物から発生し、世界のツンドラからCO2とCH4が発生して大規模に分解しており、これらは将来人間にとってとても大きな困難になるだろうという予兆になっています。私たちは、過酷な熱波や嵐、洪水、干ばつ、海面上昇、浸水した街、極循環、森林火災、不作にしばしば見舞われることになるでしょう。

もし今日、化石燃料の燃焼を止めることができたら地球温暖化への影響は最小になるでしょう。これは、温室ガスであるCO2の化学的不活性と、炭素が沈んでいる世界の巨大なミネラル、大洋と森林の温度的化学慣性の、相対的にみた主な結果なのです。化石から再生可能エネルギー源に転換していくことは、エコロジカル、経済、健康的な理由で必要かつ望ましいことです。しかしそれはもはや気候を安定するために十分ではないのです。求められているのは、直接的で、急速な、大きい、何ペタグラムもの二酸化炭素の持続的な大気からの除去で、効果的でタイムリー、検証できて経済的に持続可能な方法なのです。

そのような企てを非常に急速に達成しなければいけない説得力のある理由がこれです。数10年の通常営業で、異常気象の変度が林業や農業を困難なものにし、世界のどこにも費用対効果はもはやなくなることです。さらに、現在の>400ppmのCO2大気濃度で、この惑星は、メタン排出が引き起こす気候の暴走が起こる敷居をまたいでしまいました。そこは、より気候の暴走が起き、気候フィードバックがよりひどくなる場所です。毎年、1)過去、現在、未来の全ての地球規模の化石燃料CO2純排出量を封鎖し、2)すぐに大気中のCO2を350ppm、できれば産業革命以前の240-260ppmのレベルに引き下げることが緊急の課題になっています。



気候の持続可能な林学は、比較的すぐに完新世の時代へ戻ることが実行可能な方法です。パーマカルチャーとエコビレッジデザインは、実施と、意味のある早さで測定する方法を提供します。しばしば「社会的なパーマカルチャー」と呼ばれるものが重要な要素であるのは、一時的に排出をやめたり、アフロフォレストリーやカーボンファーミング(あるいはBECCS。これについては別のところで記述します)の技術を使いはじめたりするだけでは不十分だからです。このような努力は何世代もの人類が持続して行わなければなりません。木や多年草の穀物はそこにあるように植え続け、嵐、干ばつ、火事などによって失われたら、またそこに植えなおす必要があります。世話役という世代を超えた文化を始めなければなりません。

社会的な結び付けは、意味論の分野の訓練であり、経済的原動力は、多くの場合小規模(村)零細企業の中心となっていて、私たちはこれをクールラボと呼んでいます。ここでの重要なことは、資本の向け直しとトレーナーたちの訓練をすることです。

気候の持続可能な林学の一番の基本は、光合成能力のための土地を最大限に利用する過程です。植物では藻類と藍藻は、カルビン回路と呼ばれる光化学反応によって太陽エネルギーが糖にします。バクテリアのいくつかは、逆クエン酸回路のように異なったメカニズムを使って、同じようなことをします。カルビン回路では、大気中の二酸化炭素がリブロース二リン酸(RuBP)のようなすでに存在する有機炭素化合物に合体されます。光化学反応によって作られたATPとNADPHを使うことで生成された化合物が減る、あるいは取り除かれ、果糖やグルコースのような長鎖炭素を含むもっと先の炭水化物へ形を変えられます。大気から取り出された炭素は、成長する植物の細胞に取り込まれるのです。

この過程は、地球の生命の基礎になっています。太陽のエネルギーが、最初にバクテリアの集光プロテインに、次に植物の葉緑体に、そして植物や動物の細胞膜に、最後に生きている生物のニーズを満たすために不安定炭素としてとらえられ、生態系サービスを提供するのです。私たちが双積として酸素を得、生命の生物学的なタイプについて知れば好きになります。

炭素はとても特別です。生命のブロックの組み立てといったら、控えめな表現です。どのように生命が、そのユニークな能力なしに存在できるのかと考えることは難しいです。

炭素の密集した原子は、他のどの要素よりも難しい化合物になることができます。それは、共有結合物(共有電子)にさえなることができるのです。次々に他の炭素原子と結合し、電子を他の炭素原子などと共有し、炭素原子の長いひも状の複雑に分枝したヘッドトゥーテールの輪になります。炭素枝や輪の複雑さには実質的には際限がありません。同素体にはダイヤモンド、黒鉛、グラフェン、フラーレン、カーボンナノチューブがあります。



8つの炭素同素体:a)ダイヤモンド、b)グラフェン、c)ロンスデーライト、d)C6O(バックミンスターフラーレンあるいはフラーレン)、e)C54O、f)C70、g)無定形炭素、h)単層カーボンナノチューブあるいはカーボンナノチューブ)。Michael Ströckデザイン

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ