世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月  2018年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
2018年11月16日


© Carlos González Silva

気候変動による最近の雨が、アタカマ砂漠で多大な死滅へと向かわせている。

 まず考えることは、おそらく人々は「砂漠にサプライズの雨が降ると、全てが目を覚ますのではないか」ということでしょう。けれどもチリの北部にあるアタカマ砂漠の場合、そのようなことは全くありません。

 アタカマ砂漠は極めて厳しい場所です。地球上でもっとも乾燥し最も古い場所であり、過去500年間に雨が降った記録はありませんでした。2015年までは。2015年の3月に、極度に乾燥した広大な地域に雨が降り…雨と死が訪れました。

 「アタカマに雨が降ったとき、私たちは壮大に花が咲き乱れ、砂漠が目を覚ますことを期待していました。」とコーネルの宇宙生物学者であるアルバート・G・フェアレン博士は言います。「しかし、私たちは私たちが学んだがことは正反対のこと、つまり、アタカマ砂漠の極度乾燥の核に降った雨が、その土地特有の微生物を大量に消滅させたのです。」

 なんということでしょう。

  「雨が降る前に極度に乾燥していた土は、古代の微生物多くとも16種類が生息していました。雨が降ったあと、沼にはたった2~4種類の微生物しかいませんでした。消滅の出来事は多大だったのです。」と付け加えています。

 この破滅を研究する国際的な調査には、この地域特有の微生物が、この極度に乾燥した居住地の厳しい条件の下で生き延びるために進化してきたかが説明されています。しかしその後、太平洋上の気候変動が雨をもたらしました。その調査から引用すると、「秋の終わりに太平洋(西から)アタカマに入ってきた大量の雲のせいで、2015年と2017年の2度の降雨がありました。たった3年の間に未曽有の減少が2回も起こったのです。その間の多少のその他の雨を含めると、年間降雨量はこの地域の通常より一桁多い、40ミリでした。気候変動モデルは、およそ1世紀ごとに似たような雨が降るとしていますが、実際のところ少なくとも過去500年間には1度もそのような記録はないのです。

 執筆者は次のように付け加えています。
 
気候パターンにおけるこの大きな変化は、世界的な気候変動によるものです。それはアタカマの中心の異なった場所にランダムに影響を与える降雨パターンによって重要な変化を伴っています。…


 「私たちのグループは、直感的に期待していたことと反対のこと、アタカマでは、今まで見たことがなかった雨が降っても花が咲くきっかけにならないということを発見し、その代わりに雨は、激しい降雨の前に地域に生息していた微生物の非常に大きい破滅の原因となることが分かりました」とフェアレンは言います。

 砂漠の微生物は、気候変動ポスターに描かれる子どもたちが好むホッキョクグマやペンギンと同じように同情をひくものではないかもしれませんが、地球温暖化は遠くに広範囲に影響しているという人々に思い起こさせむせび泣かせるものにはなるでしょう。この地域の種の85パーセント‐過去15億万年もの間微生物的なことをしていた種が‐死滅したことは、注意するに値すると思います。私たちは皆気候変動によって、SFのシーンのように街が水没するようなことになると教えられてきました、そしておそらくそうなるでしょう。でもそうなる前に、アタカマ砂漠のいくつかの水たまりは、そうなること不気味に警告しているように感じられます。

 研究についてここで読むことができます。

 ソースはこちら

 translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
イラナ・ストラウス
2018年11月2日

© Venice after a different storm. (Photo: Gerard Julien/AFP/Getty Images)

いつもよりもっと水面下に。

ヴェニスは少し浸水しているところです。道路の代わりに水路(両方ありますがそれでも)のある街として有名です。しかし数日前、はるかに水面下になったのです。

巨大な嵐がいくつも月曜日にイタリアを襲い、ヴェニスの水面が通常より5フィート上がり街の四分の三を水中に押し込みました。これはここ十年で最悪の洪水です。国中で11人が死亡しましたが、どうやらアスリートの何人かは走り続けてマラソンを完走したようです。

動画

このことについて書くつもりではなかったのです。いつもは速報をカバーしませんし、しかもこれはもう速報でさえもないからです。けれどもこのことに関する記事をパラパラとめくっていたら、その記事がカバーしていないことを発見したのです。それは気候変動でした。

いいでしょう。あなたはどの気候上の出来事一つも気候変動に結び付けられないということですね。気候変動は大きく、長期的な過程にあって、一方でいくつもの小さな出来事が気候では起こっているのです。しかし、グローバルウォーミングは、ハリケーンや旱魃といったより異常な気象を世界中で引き起こしています。もし、街の75パーセントが水面下に沈むことが異常気象でないと言う人がいたら、ハンバーガーを見ているベジタリアンだと私のことを読んでください。なぜなら私は買わないから。

実際、私の心にこの嵐が刺さったのは、妙な世界の終末のような自然です。これはニューヨークが何十年か後になる景色でしょうか。

とにかく、誰かがこのことを指摘しなければと思いました。続けましょう!そして多分素敵な長靴に投資するでしょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローバー
2018年9月25日


CC BY 2.0 Erik Drost

ここには象徴性があります。実質性もあることを望みましょう。

ロックフェラーファミリーファンドとロックフェラーブラザーズファウンデーションが化石燃料を放棄したとき、未来はどこに向かっていくのかという重要なサインが送られました。

スタンダード・オイルにまつわる話の別の礎石は、より緑豊かな側へ移っています。

クライメイトニュースには、クリーブランドの街は、1870年にスタンダード・オイルが創業した場所ですが、今世紀半ばまでに、現在増えている100%再生可能エネルギーと80%排出カットを約束する街に登録する予定であると伝えられています。

公平に見てみると、そのニュースが言っているように、その約束はどのように100%というゴールが達成できるのかという方法の具体性が現在欠けています。オハイオのユーティリティ−反クリーンテクノロジー法的措置の公正な取り分で見られた街−と協働することは必ずしも易しくないでしょう。しかし、これは、DCの逆進的な政策が、気候に関するアクションは避けられないものであることを理解した街やコミュニティー、企業での反動傾向となり、困難の最前に飛び出す人たちが最も利益を得るようであることが改めて明らかになったことは、歓迎すべきステップです。

願わくは、化石燃料から得られる公的金を放棄し、そのかわりに最後のゴール達成に非常に批判的になる将来の産業に投資し、彼らの口に金を突っ込んで、この誓約を街がするのが見られたらと思います。

ソースはこちら
translated by Yoko Fuijmoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローバー
2018年8月24日


CC BY-SA 2.0 Lars Lindahl
無理だと言っている人たちへ…

スウェーデンは、冷めきってしまうずっと前に再生エネルギーターゲットを達成しましたが、ブルームバーグのレポートには、コストの効果的な再生可能の展開がどんなに速く進めたものについて書いています。

今年の終わりまでに、2030年のターゲットである一時間当たり18テラワットの再生可能エネルギー出力に到達するだけの十分な容量を増やすことになります。

再生可能やハイドロという現在ある国のベースを例に挙げると、2040年までに100%再生可能エネルギーという究極のゴールに達し、その動きは、政府助成の電気自転車全てが、地球やその市民にとって二倍の配当となることでしょう。

しかし、すべての人が幸せになるわけではないのならやる価値はありません。多くの人が気候変動の脅威をかわす必要性から対立があることを疑わない一方で、展開の急速なペースは、土着のサミトナカイ飼いたちの伝統的な土地に巨大な風力発電が侵食するという恐れを残しました。

より良い受益者計画、話し合い、風力発電のより同等な利益配分によって、このような土地利用のうえでの争いが処理されると良いです。しかしどちらにしても、スウェーデンの例は、国がその気になればクリーンテクがどんなに早く水平展開するかをはっきりと表したものでした。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
イラナ・ストラウス
2018年8月31日


© Kevin Barbot/Shutterstock

UNは、人間性が気候変動を取り扱うのに必要なものを説明するペーパーをリリースしましたが、その提案のいくつかは少し驚くものでした。

「今日世を席巻している経済セオリー、アプローチ、モデルは活気に満ち物質豊かな時代に開発されたものだった。」と著者は指摘しています。「そのため、現在の騒動を説明するのには不適当なのである。」

研究者たちは、全て当たり前のポイント、自転車に親しい街、省エネルギー、植物を基本としたダイエットのようなものだけでなく、人々がほとんど話していない考えも指摘しています。それは…

保障された雇用

© Anatoliy_gleb/Shuttestock

多くの人々がこのアイディアに賛同しないと確信していますが、それはちょっとしたニューディールのようなものです。レポートが指摘しているのは、収入の格差によって、人々は仕事—どんな仕事でも−を得るのにもがくということです。そのため多くの人々が仕事を巡って争い、それが環境に悪いのです。新しいUNの計画のもと、「…働く能力をもち働きたいと望む全ての人々が、恒久的な、州が資金を出した、地域で運営している仕事が得られるようになる。」

もし政府が仕事をたくさん与えれば、この惑星を実質的に助けるソーラーパネル技術者のような仕事を作り出すことができるでしょう。

「それは、不安定さを軽減し、個人や集合体レベルで環境を破壊するような仕事に打ち勝つ必要がある。」と述べています。

木でできた家

© Dancestrokes/Shutterstock

人口が増えるにつれ、人々はどこかに住みたいと思い続けるようになります。建設業は巨大な産業で、使用されている材料に大きな差があります。「建設業は現在コンクリートや鉄に支配されており、その製造業やその他のライフサイクルの過程は非常にエネルギー集約的であり、その結果重大な気候排出やその他様々な無駄の原因となっている。」と著者は書いています。そうではなく、人々は木から作られた家をもっと多くつくることができるでしょう。もちろん、それは家のために森林を切り倒せということではありません。そうではなく、人々は新しい木の工場を始め、それが気候を安定させるのに役に立つでしょう。

経済哲学を変える

© Team Oktopus/Shutterstock

著者は、政府(ビジネスではなく)がこの変化の先鋒にならなければならなくなると指摘しています。それは、私達は政策の変更より、もっと私達の政府の役割についての考えを変えなければならないということです。

何十年以上にもわたって、市場は政府から自由になれるだけなるべきだと考えることが一般的になりました。しかしこの研究の筆者が指摘しているように、市場は「政策上の規則がなければ存在しないだろう。」

さらに研究者は、「上記の強力な州政府に対する議論は、ある特定の種類の経済的なセオリー、つまり新古典的な流れに拠っている。もしほかのセオリーのレンズに切り替えれば、他の面から経済を見ることになり、これらの議論はその効果を失うだろう。」と加えています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ