世界の緑化


2019年2月26日

ベルギーのブリュッセルで、市長たちと決定者と各分野のトップの専門家たちが、ブリュッセルで行われた湿地国際組織のサイドイベントでブルーグリーンインフラを含む経験やイニシアチブについて発表しました。このサイドイベントは、2月4日と5日に開かれた開発協力のための街と地域―持続可能な都市開発に向けた地元と地域のパートナシップというフォーラムの一部で、DEVCOと地域のヨーロッパ地域委員会が共同組織し、ここにウェットランズインターナショナルチームが活動的にEUに関わり、世界中から招待されました。

このフォーラムは、500以上の地方や地域の自治体、関連団体、街のネットワーク、EUとEUのパートナーである国々からの熟練者が集まりました。ウェットランズインターナショナルは、フォーラムで都市のレジリエンスへのエコシステムの役割に焦点を当てました。私たちのチームは、エコシステムと自然保護を街の計画に統合する必要性と、NGOや研究所とパートナーになる街を次のEU街と地方自治体2019-2020に求める必要性を推奨しました。都会のレジリエンスコーディ―ネーターであるサンダー・カーパイジは、「チームになることは気候変動適応と包括的な過程においてきわめて重要であることをはっきりとさせました。それは、自治体は自治体だけではそのための知識や能力を持っていないからです。



ウェットランズインターナショナルは、フォーラムの2日目の都会レジリエンスのためのブルーグリーンインフラのサイドイベントもホストしました。このサイドイベントの間、EUの研究所から異なったプレゼンテーションがありました。国連防災オフィス(UNISDR)や、オランダの実際的な例を挙げ、ハイチやパナマからは地元政府が行いました。街の計画にブルーグリーンインフラを統合することは、気候レジリエンスと将来の持続可能な都市開発を確実なものにするのに重要です。



この活動は、オランダ郵便番号くじに支援されています。

サイドイベントの全部はこちらで見られます。
https://youtu.be/YIrZ7wliopo

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
チケットを今すぐ入手


気候変動への適応

グレーからグリーンへはトロントで4月4日と5日トロントで開かれ、緑のインフラセクターでの新しいポリシー、デザイン実践、革新的な製品に焦点を当てます。私達のゴールは、グリーンインフラ投資において急速に大きく増加するケースを作ることで、現在あるポリシーについてのディベート、世界的に現在起こっているトレンドを知らせる助けになることです。

今年グレーからグリーンへは洪水や都会のヒートアイランドのような気候変動適応という経済的なインパクトをハイライトします。洪水は健康における個々人と福祉の両方に影響し、社会に重大なインパクトを与えます。

グレーからグリーンへ会議は、最新の調査、産業開発、シェア、学び、ネットワークを作るためのエンドユーザーを目玉にしています。同時開催のセッションや産業界のリーダーたちとのネットワーキングイベントに参加、トレーニングコースやワークショップへの参加、トロントエリアのツアーへ参加してください。

CEUとは:グレーからグリーントロントは、CNLA、ASLA、OAA,OALA、APLE、AIAの7つのCEUを承認され、RCIから3.5CEHs、グリーンウォールウォーキングツアーから2.0CEHsを、リビングアーキテクチャーツールとドモビルディングツアーから1.0CEHを承認されています。

グレーからグリーントロントで得られた継続教育単位は、次の適格性認定に使用することができます:APLD、OAA、OALAそしてGRPです。誰でもがグレーからグリーントロントのどこからでも7から21のCEU単位を得ることができます。

私たちは現在BOMIから7CEUの認定を待っています。

2019年これからの重要な日程と締切:
3月1日—早割申し込み
4月3日−トレーニングとツアー
4月4日−グレーからグリーンへ会議
4月5日—トレーニングとツアー

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年3月4日


© Catarina Belova

原因の一つである「自暴自棄」の増加によりアメリカ合衆国での余命寿命が短くなりました。

1871年以来、アメリカ合衆国は世界で最大の経済という特徴も持ち続けています。それは、先進のインフラ、テクノロジーそして豊富な天然資源のおかげの、世界経済の4分の1近くを集めた経済的なスーパーパワーです。

残念なことに
豊かさの全てが人々の健康になっているわけではありません。実際に、ブルームバーグ最も健康的な国指数の2019年版によれば滑り落ちています。

この指数は、喫煙や肥満のようなリスクでポイントを引き、余命寿命のような相対的な健康に注目してメトリックで169の経済を等級づけています。また、上水利用と下水のような環境要因も考慮に入れています。

では、どこが今年のトップになったのでしょうか?世界で14番目に大きな経済国であるスペインです。リストは次のようになっています。
1. スペイン
2. イタリア
3. アイスランド
4. 日本
5. スイス
6. スウェーデン
7. オーストラリア
8. シンガポール
9. ノルウェー
10. イスラエル

スペインはいくつかの理由で良いランクが付けられていますが、重要な要因の一つに、EUの中で出生時の余命寿命が最も高いことがあります。この点で、世界的に日本とスイスだけに引けをとっています。2040年までに、スペインは最も寿命の長い国になると予想されており(ワシントン大学健康メトリック評定研究所によれば、その寿命は86歳ほどで、日本、シンガポール、スイスがあとに続くとしています。)

ブルームバーグが指摘しているように、食習慣を看過することはできません。スペインとイタリアのトップ二国の栄養上のスタイルは、定義によって地中海ダイエットと呼ばれ、これは最も健康的な食の一つ(もし最高でなければ)であることが何度も明らかになっています。

アメリカ合衆国はどうでしょうか?世界で最も豊かな国であるアメリカ合衆国は?

35位です。

合衆国の余命寿命は、「自暴自棄」のせいで下がりました。CBSニュースが説明しているように、「薬物とアルコール、自殺、慢性的なアルコールによる病気—専門家にいわゆる「自暴自棄」と名付けられているものーが増えていることで、白人アメリカ人の命は平均でおよそ半年ほど短くなっています。」

私達は、キューバの下の5番目になりました。キューバは世界銀行の分類では「高収入」ではありません…が「アメリカ合衆国の病気の診断と治療に焦点を当てているのを越えた予防ケアを強調しています」とブルームバーグは記しています。

アメリカ合衆国はさらに非常な肥満問題を抱えています。アメリカ人白人成人の40%が肥満に分類されています。CDCによれば、「肥満—心臓病、心臓発作、タイプ2の糖尿病、予防できる早死のいくつかであるあるタイプの癌を含む関連の病状」です。

このツリーハガーの読者は、ここで私達がいつも予防ケアをいつも促進していることに気づくでしょう。なぜなら良く食べ運動をすることは、高価な病気や体調不良の集中的な治療よりずっと持続可能だからです。世界で最も健康的な国々は、このことがバックアップしているように見えます。

ブルームバーグで、明らかになったことについてもっと読めます。その間に、私はキッチンでパエリアを作りましょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
イラナ・ストラウス
2019年2月20日


© blew_s/Shutterstock

地球は木で私たちの炭素を吸収しています。

もし、人々が排出する炭素をすべて吸収するために新たに木を植えるとしたら、いったい何本の木を植える必要があると思いますか?考えてみてください。


© Anan Kaewkhammul/Shutterstock

1.2兆本

この数字は、教授でありUNのアドバイザーであるトーマス・クロウサーがはじき出した最少の数字です。彼と彼の同僚は、私たちが排出する炭素を吸収するためにどれだけの木を植えたらいいかを単純に計算するようにしたマシンを使いました。

「現在、400ギガトンの炭素があり、3兆本の木があります。もう1兆本、木を増やせば、大気から何百ギガトンも取り入れられるでしょう。‐人間が原因の10年分の排出量を完全に消し去ることになります。」と彼は言います。

植樹は素晴らしいことですが、私はまず木を切り倒すことを止める必要があるということを考えずにはいられません。一本の木を切り倒すと、私たちはそれに頼っていたエコシステム全体を破壊します。新しく植樹された木では、それを取り戻すことはできないのです。

そして現在、森林は縮小されています。アマゾンの森林がその一例ですが、ブラジルの畜産業のせいでひどく破壊されています。

「畜産は、それだけで世界で最も大きな森林減少の原因となっており、気候変動と闘ううえで災いになっています。」とサラ・ショラカ(グリーンピースキャンペーン家)は言います。実際グリーンピースは、家畜のための農場が、アマゾンの森林破壊の80%の原因となっていることを発見しています。

これを阻止するために法案の採択というのはありますが、個人ができることは、牛肉を食べる量を減らす、あるいは持続可能な「成熟した」牛肉に変える、(あるいは少なくともブラジル産の牛肉を買わないようにする)ことです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
アラミス ベラスケス
2019年2月5日



メディア・グリーンウッドは次のように書いています

屋上庭園と太陽光発電(PV)システムの統合によって、冷却や日陰効果による稼働方法と全般的な効果が上がります。数多くの実験結果から、その統合による肯定的な結果が得られています。例えば屋上庭園の表面と地面の温度は日陰になることで下げられ、冷却効果によってPVから得られる電力がより多くなっています。もしパネル周辺の微気候が暑すぎると、パネルは十分に機能しないかもしれません。屋上庭園は、パネル周辺の外気温温を25度近くに保つのに役立ちますが、それは太陽エネルギー発電のために理想的な温度です。


屋上庭園と太陽光発電は、私達の未来の一部になる

多くの専門間たちは、バイオソーラー(屋上庭園と太陽光パネル)テクノロジーが、環境、社会、経済的利点を広くもたらすことができると信じています。植物は建物の屋上の熱負荷を低くし、空調の必要性とコストを下げます。居住者の電気代を下げ、炭素フットプリントも減らします。

街でますます問題が悪化している場所確保では、屋根は居住者のエネルギー需要と、野生動物の住処のサポートに利用されるべき未使用空間というオアシスを提供します。

2015年バーチャルサミットのナタリー・バウマンとダスティ・ゲッジ「バイオソーラールーフ」ビデオをご覧ください。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ